RAV4 HV 新規検証

トヨタ RAV4 ハイブリッド(AXAH54)に新規検証を行いました。


フロント側

【締結ポイント】サブフレーム形状 左右合計4箇所
【F-1締結部】ブッシュマウント M16締結ボルト+ガゼットプレート
※ガゼットプレートの脱着が必要です
【F-2締結部】ボディ側突出形状 ブッシュマウント M16締結ボルト+ガゼットプレート

フロント側の検証結果は以下の通りです。
赤表記部分=サブフレーム上側に設定
青表記部分=サブフレーム下側に設定
カラーの合計使用数=8個


リア側

【締結ポイント】サブフレーム形状 左右合計4箇所
【R-1締結部】ブッシュマウント M16締結ボルト+プレート
【R-2締結部】ブッシュマウント M16スタッドボルト+ガゼットプレート

リア側の検証結果は以下の通りです。
赤表記部分=サブフレーム上側に設定
青表記部分=サブフレーム下側に設定
カラーの合計使用数=8個


適合追加情報

トヨタ RAV4 Hybrid(AXAH54)

フロント用 50261-MXA-000 ¥20,000(税抜定価)

リア用 50300-AXV-000 ¥20,000(税抜定価)

ユーザーインプレッション

取り付け前のRAV4のドライブ感覚
・元々トヨタの車なので差ほどアメリカ車の様なブレを感じないと思ってはいました。
・ハンドル操作をしたら比較的敏感に反応する感じがある
・高速道路の道の繋ぎ目での突き上げ感また社内の振動や音は普通に感じる
 許容範囲なんで気にならない程度
・エンジンのかかり始めのガタガタ感は多少感じるが差ほど気にならない、通常の範囲と感じるためか

取り付け後の感覚
・エンジン始動時から音及び振動が前より静かになった
・低速時の路面の凹凸を拾う感触が前よりはるかに感じるが、全く不快な感触ではなく、むしろしっかりと車体の重心が安定しているのか心地悪く感じない(非常に微妙に感じるところですが)
・低速時走行、特に高速走行時において、路面の繋ぎ目、切れ目、若干の凹凸に対し、明らかに突き上げ感および社内に伝わる音や振動が変わった
・また非常に繊細ではあると思いますが、突き上げ時の振動の始まりから振動の終わりまでが、取り付け前よりはるかに時間が短縮されている、または突き上げ量が少ないのか、車体が安定するまでが早い
・ハンドルの操作に関してはより一層反応が良くなった、やや急ハンドルをして、ハンドルを戻した際の安定感が以前より早くなった
・コーナー時でも安定して車体がスムーズに曲がるようになった、無駄なフワツキが無くなった感覚
・ややきついブレーキの際も車の安定(通常時に戻る)が早くなった
・全体的に音が静かになった

上記当方が感じたことを列記いたします。
しかしどれも当方が微妙に感じたことも記載しておりますので、皆様と意見が違うかもしれません。

完全に違った点は、やはり社内に伝わる音と振動が静かになったこと、また戻りの感覚と言うんでしょうか?
突き上げ時、コーナー時、ブレーキ時等の戻る感覚時間が短く無駄な時間が無くなったような感覚、これは当方には大きな違いに感じました。
それ以外はあくまでも感じがする、と言う感覚です。
よってこれらを総合して、走りがスムーズかつ、乗り心地が良くなると言う結果かと思いました。


  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です