リジカラ?

rigidcollor

リジカラは、アルミ調質材の特殊形状の小さなパーツです。

製品は概ね1990年以降の量産車を対象に、全て実車を検証して設計しています。適合車種は約800車種*になり、サブフレームの構造を持つほぼ全メーカーのクルマに取り付けが可能です。
*2015年12月末時点

ボディは製造ラインを吊られ流れます。
ここに無視できない問題がありました。

P2-P3_2

すべての量産車は製造ライン上を流れながら組み立てられています。
組み立てには高い生産性が求められ数秒の遅れも許されません。

P5

エンジンを載せたサブフレームは油圧リフトで押し上げられ振動しながら流れてくるボディに組まれます。ここでの組み立て時間は数秒しかありません。

揺れ、振動する重い主要部を瞬時に確実に組む、そのために世界中のカーメーカーはボディとサブフレームを締結するボルト穴をボルトに対して大きく開口させ、組み立てやすくすることで量産性を高めているのです。

ボディ単体での剛性は近年ますます向上していますが、ボルトとボルト穴の隙間はこれら要因により見逃されてきました。この隙間がクルマの低級振動を生み、クルマ全体での剛性を下げる主原因のひとつなのです。

 

「リジカラ」はボルト穴とその周辺に着目し発明された機能性パーツです。その特殊形状のカラーがスキマ問題をアッサリと解決しました。きっとあなたのクルマにも素晴らしい効果を発揮するでしょう。

 適合車種検索・通販

リジカラの適合車種は800以上!
あなたのクルマに適合するリジカラの検索と通販はこちらから!