ボルボ V90 フロント・リアの検証

ボルボ V90(PB420)にリジカラの検証と取り付けを行いました。

 

フロント側 締結ポイント 6箇所

 

F-1とF-2締結部です。

 

F-3締結部です。

F-1~F-3の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームとボルトの間に装着します。
フロントのリジカラは合計12個を使用しました。

 

リア側 締結ポイント 4箇所

 

R-1締結部です。

 

R-2締結部です。

R-1とR-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームとボルトの間に装着します。
リアのリジカラは合計8個を使用しました。

 

適合追加情報

VOLVO V90(PB420)

フロント用
品番:50261-PB4-000 ¥22,000(税抜)

リア用
品番:50300-PB4-000 ¥22,000(税抜)

 

ユーザーインプレッション

結論からいいますと、まさに予想通りのクルマの動きとなり大変満足です!

今回、新規検証での装着をお願いしたのは、V90クロスカントリーの乗り心地、車の挙動で、どうしても気になる部分があり、これを解消するためには、リジカラの装着が最適ではないかと思ったためです。

気になっていた部分とは、路面の突き上げを通過する際にフロアが僅かに震えたり、荒れた路面での挙動が、下屋と上屋が微妙にズレた動きをするために、乗っていて非常に気持ちが悪いという所でした。

路面が綺麗な所ではさほど気にならない挙動ですが、一般道を走っていると色々な路面を走るので、常に不満を抱えながら乗っている状態でした。

フロア部分を補強するパーツ等も検討しましたが、単純に固めればいいという問題でもないと思い、「リジカラ装着による車体の剛体化」という点に非常に興味を持ち、この方法なら今の不満が解消できるのではと考えた次第です。

装着後、自宅まで約100kmの一般道、高速道路を走行し、その後数日間、普段の道を走りましたが、車の挙動が見事に改善され、剛性感の高いクルマになりました。

突き上げを通過してもサスペンションがきちんと動きボディ全体で吸収していて、変な震えも無くなりました。

また、路面の悪い道を走っても同様に、車全体が一体感のある動きで乗っていて気持ちが良いです。

今まで足回りの硬さは、一般道ではコンフォート、高速ではダイナミックで走行していましたが、リジカラ装着後は、一般道でダイナミックで走行しても硬さを感じない、しなやかさと芯のある硬さが丁度良い感じです。

また、今回、装着と同時にアライメント調整もお願いしましたが、副次的なメリットとして、もともとアライメントの状態が良くなかったせいか、調整後のタイヤの転がり感が抜群に良くなりました。

いままでと同じアクセルワークで、時速5~10km/h程度余計に加速していく感じです。恐らく燃費にも好影響だと感じます。

今まで以上に自分のクルマに乗るのが気持ちよく、楽しくなりました。
ありがとうございました。

 

 

  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です