アルテオン フロント・リアの検証

フォルクスワーゲン アルテオン(3HDJDF)にリジカラの検証と取り付けを行いました。

 

フロント側 締結ポイント 4箇所

 

F-1締結部です。

 

F-2締結部です。

F-1・F-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームとボルトの間に装着します。
フロントのリジカラは合計8個を使用しました。

 

リア側 締結ポイント 4箇所

 

R-1締結部です。

 

R-2締結部です。

R-1とR-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームとボルトの間に装着します。
リアのリジカラは合計8個を使用しました。

 

適合追加情報

VolksWagen ALTEON(3HDJHF)

フロント用
品番:50261-AUC-000 ¥22,000(税抜)

リア用
品番:50300-AUC-S00 ¥22,000(税抜)

 

ユーザーインプレッション

先ず、従前は、DCCをスポーツモードにすると20インチホイルの影響もあり、高速の継ぎ目などで、ガッシッ、ガシッと下からの突き上げ感が大きく感じましたが、導入後は、ある程度マイルドにいなすような、それでいて良い意味でビシッと引き締まった足回りになったような感じです。

また、ハンドルは、適度な重さを感じます。

コンフォートモードでも、道路のごつごつ感を感じるようになりましたが、嫌な振動ではありません。

今回、ドイツ車へ3回目の導入ですが、いずれも直進安定性が更にましたように感じます。

次の乗り換えの際も是非導入したいと思います。

 

 

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です