ボルボ XC90 フロント・リアの検証

ボルボ XC90(LB420XC)にリジカラの検証と取り付けを行いました。

 

フロント側 締結ポイント 6箇所

 

F-1とF-2締結部です。

 

F-3締結部です。

F-1~F-3の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームとボルトの間に装着します。
フロントのリジカラは合計12を使用しました。

 

リア側 締結ポイント 4箇所

 

R-1締結部です。

 

R-2締結部です。

R-1とR-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームとボルトの間に装着します。
リアのリジカラは合計8個を使用しました。

 

適合追加情報

VOLVO XC90(LB420XC)

フロント用
品番:50261-B42-000 ¥23,760(税込)

リア用
品番:50300-B42-000 ¥23,760(税込)

 

ユーザーインプレッション

先ずは乗ってからの感想です。「凄い!」の一言です。私は素人なので車体の動きなどには疎いのですが、リジカラは乗ってからその違いが明確に感じとる事が出来ました。
まだ足立区の自宅までの距離しか乗っていないので完全なインプレは出来ませんが以下のポイントが感じ取れています。

①加速時の「コリコリコリッ」という音が無くなりました!お伝えしておりませんでしたが、実はこのXC90に乗ってからこの音というか何か気にはなっていました。
私は加速時に感じていたのでてっきりエンジンの音だと思っており、「ボルボはこんなものか」で乗っていましたが、リジカラを入れてビックリ!実は車体から発生していた音だったのですね。

②これも加速に関係する事ですが、アクセルを踏んで以前までは一瞬もたつきというか、ワンテンポ遅れて加速する感じが気になっておりました。
しかし、これもリジカラを入れてからは全く感じる事がなくスムーズに加速します!これも驚きでした。
メーカーは違いますが、前車A45 AMGはそんな事が無かったので、XC90はSUVだし2トン越えだしそんな仕様などと仕方なく思っていました。同時にブレーキを踏んだ瞬間に関じる感触もタイムラグが消えました。
もちろんパッドを交換した訳では無いので実際のブレーキのタッチが変わる訳ではありませんが。
この入力した瞬間のスムーズさは正直驚きです。

③車内へのノイズ(車体、タイヤ)は少し増えた感はありますが動力性能のアドバンテージが上がった分の結果だと思っており全く許容範囲内です。
AMGに乗っていた者としてはこの位のノイズと乗り心地では不満は出ないですね。
私のはエアサス仕様では無いので乗り心地に関してはある程度は仕方ないと思っています。

以上が本日自宅までの一般道での感想ですが、今後山道に持ち込んでみてロール量や、ハンドリングにどの位結果が出ているか楽しみにしています。
「CPM ロアレインフォース」という補強パーツを既に装着している事もあり、リジカラとCPMがどの位マッチ感が出るかも楽しみではあります。
これら総合してみんカラのブログでアップしてXC90乗りにリジカラの凄さを伝えたいと思います。
アライメントも走行して走り込んでから予約させて頂きたいと思います。

 

 

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です