ムーブ フロント・リアの検証

MOVE-L600S_NO.1

今日は平成6年モデルのダイハツ ムーブ(L600S)に
フロント・リアのリジカラ検証と取り付けです。

 

 

フロントの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

MOVE-L600S_NO.2

 

F-1締結部です。

MOVE-L600S_NO.3

 

F-2締結部です。

MOVE-L600S_NO.4

 

ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、
サブフレームの下側(青表記)に4個を使用します。

フロントのリジカラは8個を使用し、作業は50分で終了しました。

 

 

ダイハツ ムーブ(L600S)

フロント用

品番:50261-NAK-000 ¥14,700(税込)

 

 

 

 

リアはボディに直接ロアーアームが入力されているモノコック構造でした。

写真の赤丸印はアライメント調整のための偏心ボルト・ナットです、
リジカラは黄丸印のボルト・ナット部に装着してみます。

MOVE-L600S_NO.6

 

ナット側です。

MOVE-L600S_NO.7

 

ちょっと変わったボルト側にも装着です。

MOVE-L600S_NO.8

 

 

 

オーナー様からのインプレをお待ちしております(1月28日現在)。

 

ご依頼いただきありがとうございました。

 

by 開発メカ

  • はてなブックマークに追加

2 thoughts on “ムーブ フロント・リアの検証

  1. 古徳 より:

    このタイプのフロントメンバーは純正ブッシュを外してリジカラに入れ替える感じなのでしょうか?

    1. リジカラ 開発メカ より:

      古徳様
      お問い合わせいただき誠に有難うございます。
      この車両は純正ブッシュがサブフレームを挟み込むタイプとなっておりますが、ブッシュは残しながらブッシュの端を一部加工して取り付ける仕様としております。
      写真では判り難いですがブッシュだけでの抑え込みではなく、内部の金属製スリーブがボルトをガイドしており、このスリーブに対してブッシュが挟み込んであるという構造です。
      ボディとサブフレームを強く締結させるためスリーブとサブフレームをリジカラで固定させるという特殊な方法で取り付けを行うため、純正ブッシュのサブフレーム噛み込み部分を切断して取り付けるという方法です。
      補足ですが純正ブッシュは過度な負荷が掛かり続けているため、リジカラの施工と同時に出来れば新品のブッシュをご準備いただいた上での取り付けが得策だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です