Z32 取り付けレポート

Z32REPORT_NO.1

今日はフェアレディZの32型(Z32)にフロント・リアの取り付けレポートです。

 

Zは日産の輝かしい歴史と スポーツカー文化をリードしてきた日本が誇る名車です。
海外で見かけると何故か嬉しくなるんですね。

 

 

フロントの取り付け箇所は点線囲み部分です。

Z32REPORT_NO.2

締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

 

◎このZ32のフロントはスタッドボルトタイプなのでサブフレームを30mm程度下げ、
カラーは2つ割タイプのリジカラを採用しています(写真参照)

Z32REPORT_NO.3

 

 

赤矢印はボディとサブフレームの間に挟み込んで取り付けるタイプのリジカラです。
青矢印はサブフレーム下側から取り付けるタイプです。

Z32REPORT_NO.4

F-1とF-2、ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、
サブフレームの下側から(青表記)に4個を使用します。

 

フロントのリジカラは8個を使用、作業は50分で終了しました。

 

 

続いてリアの取り付け箇所は点線囲み部分です。

Z32REPORT_NO.5 締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

Z32REPORT_NO.6

Z32REPORT_NO.7

R-1とR-2、ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、
サブフレームの下側から(青表記)に4個を使用します、

 

リアのリジカラは8個を使用、作業は50分で終了しました。

 

 

日産 フェアレディZ(Z32/CZ32/GZ32/GCZ32)

フロント用

品番:50261-S14-000 ¥21,000(税込)

リア用

品番:50300-Z32-000 ¥21,000(税込)

 

 

オーナー様よりインプレをいただきました、コピペで紹介します。
↓  ↓

タイプワンから転がし出た瞬間にドアの開口部をスポット溶接したかのようなボデーの塊感を受けました。

スタビが効いた時のキシミ音もなくなっていて、新車のごとく車体が整った感じを受けます。
リジカラを挟んだことにより振動が殺されているようにも感じました。

何から何まで本当に有難うございました。

 

嬉しいインプレ、ありがとうございました。これからもお楽しみください!

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です