オペル ザフィーラ フロント・リアの検証

今日はオペル ザフィーラ(AH05Z22)にリジカラの検証と
取り付けを行いました。

初めてのオーナー様は、乗り心地と安定性の改善を求められています。

 

フロントの締結ポイントは黄矢印の6箇所です。

 

F-1締結部です。

 

F-2締結部です。

 

F-3締結部です。

F-1~F-3の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームと締結ボルトの間にリジカラを装着します。
フロントのリジカラは合計12個を使用しました。

 

 

リアの締結ポイントは黄矢印の6箇所、トレーリングアームのブラケットです。

 

R-1締結部です。

 

R-2締結部です。

 

R-3締結部です。

R-1~R-3の赤表記部分はボディとブラケットの間にリジカラを挟み、
青表記部分はブラケットと締結ボルトの間にリジカラを装着します。
リアのリジカラは合計12個を使用しました。

 

オペル ザフィーラはフロント・リアともに新規の設定となりました。

 

OPEL ZAFIRA(AH05Z22)

フロント用
品番:50261-AH0-000 ¥21,600(税込)

リア用
品番:50300-AH0-000 ¥21,600(税込)

※10月25日(水)より発売を開始します

 

 

オーナー様よりインプレをいただきましたので、コピペで紹介します。

先日はお寒い中リジカラの取付検証をしていただきありがとうございました。
早速ですが、取付後のレポートをお送りします。

[取付当日]
————————————————————

1.まず走り出して・・・

・エンジン始動後の加速時に必ず鳴るABSユニットの初期作動音が「グアッコン」→「ガッコン」
と抑えた感じの音(&振動)に変わりました。

2.アクセルを踏んで・・・

・2速でエンジン回転を上げる際のダッシュボードの振動、ビビりが発生しなくなりました。
毎回気になっていたのでこれにはニンマリです。

3.交差点を曲がって・・・

・タイプワンさんからの帰路にある鋭角交差点‥角度のキツイ交差点の場合、いつもハンドルの
切り角が足らず、大回りになってしまうのですがスンナリと曲がれました。
切った分の想定通りに回頭してくれるという感じです。

5.高速を走って・・・

道路のつなぎ目を乗り越える音&振動が往路より落ち着いています。この感覚何かと同じ・・・
としばし考え・・・トヨタのハイヤーで同じ場所を走った時と同じと気づきました。

 

[翌日走行インプレッション]
————————————————————

週末に“乗り味の違いを感じられそうな”場所を走ってみました。

1.突き上げ特性などの変化

・「跳ねを感じなくなった」道路の凹凸にタイヤ・サスペンションがしっかり追従して
「仕事している」なと感じさせてくれます。
追従限界を超えてしまうと今までより強く突き上げてきますがこれは止むをえないところでしょう。

2.ハンドリング特性の変化

ハンドルの切り増し(戻し)が減って「切った分だけ曲がって」くれます。運転がうまくなったと
錯覚(笑)しました。
車庫入れ時の切り返し回数が減ったのは思わぬ副産物です。

3.ロードノイズの増減

舗装状態のよい道路では「上から抑え付けたよう」にスーッと静か。「高い接地性」とか
「吸い付くような」と他の方が言われている通り。
荒れた路面では路面情報としてのノイズ・振動は増しますが、「跳ねない」分の抑えと相殺される
のか気になるほどではありません。

[その他]
————————————————————

受付の方の丁寧な応対や、ご担当者様の丁寧な説明とアドバイス、ファクトリーの清潔感など、
製品以外の部分も「お願いしてよかった」と納得のできるものでした。

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です