アウトバック フロント・リアの検証

今日はスバル アウトバック(BRF)にリジカラの検証と取り付けを行いました。

ダンパーのオーバーホールをされてから足廻りが少し硬くなってしまったという事で、
しなやかで静かな乗り心地に改善したいというご依頼です。

 

フロントの締結ポイントは黄矢印の8個所です。

 

F-1締結部です。

 

F-2締結部です。

 

F-3締結部です。

F-1~F-3の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームと締結ボルトの間にリジカラを装着します。
フロントのリジカラは合計12個を使用しました。

 

 

リアの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

 

R-1締結部です。

 

R-2締結部です。

R-1・R-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームと締結ボルトの間にリジカラを装着します。
リアのリジカラは合計8個を使用しました。

 

BRF型アウトバックは、レガシィBR9型とリジカラの互換性がありました。

 

 

スバル アウトバック(BRF)

フロント用
品番:50261-BR9-000 ¥21,600(税込)

リア用
品番:50300-BR9-000 ¥21,600(税込)

 

 

オーナー様よりインプレをいただきましたので、コピペで紹介します。

本日はお世話になりまして、どうもありがとうございました。
当方の質問にもわかり易くご回答いただき、大変勉強になりました。

さて、自宅までの帰り道の20数kmだけですが、インプレを報告させていただきます。

まず乗り始めに感じましたのが、以前よりハンドルセンターの遊びが若干増大し、
タイヤの切れ始めが少し重くなり、そこから先は逆に軽くなった事です。

環八等の一般道では、足が良く動く様に感じられ、フロントはより快適に、リアはダンパーのストローク量が増えたような感じで、突き上げ感が若干ソフトになり、凸凹をいなすように感じられました。
全体的にはスッキリとした乗り心地になりました。

第三京浜では直進安定性、重厚感が増大したものの、本日の様な強い横風には以前よりハンドルが取られるように感じました。
私の個人的な見解では少しアライメントがズレてしまったのではないのかなと思いました。
来月車検なので、アライメント測定、調整等してみようと思っております。

ロードノイズは若干減少したように感じます。エンジンの振動は明らかに減少しました。
アイドリングは元々静かな為、変化はわかりませんが、走行中の音や振動は結構減少したと感じました。

中々変化がわからない商品が多い中、こちらは確実に変化がわかり、それも良い方向へと変わっているので、コストパフォーマンスは非常に高いと感じました。

また気がついたことがありましたらご報告させて頂きます。

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です