ポルシェ 964 カレラ4でリジカラ再検証

porsche964_no-1

本日は911 カレラ4(964型)の前後に再検証を行いました。

 

ユーザー様はお友達とチームを作りサーキット走行を楽しむそうです、

楽しそうですね~。

 

 

フロントの締結箇所は黄矢印の8個所です。

porsche964_no-2

 

F-1締結部です。

porsche964_no-3

 

F-2締結部です。

porsche964_no-4

 

F-3締結部です。

porsche964_no-5

 

F-1~F-3の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、

青表記部分はサブフレームと締結ボルトの間にリジカラを装着します。

フロントのリジカラは合計14個を使用しました。

 

 

 

続いてリア側の確認です、足廻りの種別としては「セミトレーリングアーム形状」。

黄丸印2箇所のロアーアーム部が直接ボディと締結されているタイプです。

porsche964_no-6

 

車体外側部分の計測してみましたが、ボルトとの穴径差は微小でリジカラ不用でした、

当時のポルシェは時間(≒コスト)を十分に掛けて造られていたんですね~。

量産性よりも最良のクルマ造りを優先する、そんな時代背景や企業姿勢がうかがえます。

 

 

PORSCHE 911(964)

フロント用

品番:50261-964-000 ¥21,600(税込)

 

 

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

 

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です