クライスラー クロスファイア フロント・リアの検証

CROSSFIRE_NO.1

今日はクライスラー クロスファイア(ZH32)にフロント・リアの

リジカラ検証と取り付けです。

 

 

 

このクロスファイアはフロントのサブフレームが無いモノコック構造です。

当時クライスラーとMBが協業していた背景の中で、カルマンが生産を行う

という理由から、少量生産が許されたハンドメイドシャシーなんですね。

 

CROSSFIRE_NO.2

 

 

 

続いてリアの作業に入ります、締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

CROSSFIRE_NO.4

 

R-1締結部です。

CROSSFIRE_NO.5

 

R-2締結部です。

CROSSFIRE_NO.6

 

R-1、R-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、

青表記部分はサブフレームと締結ボルトの間にリジカラを装着します。

リアのリジカラは合計8個を使用して、50分で作業が終了しました。

 

 

クロスファイアはリアを新規に設定しました。

 

 

CHRYSLER CROSSFIRE(ZH32)

リア用

品番:50300-ZH3-000 ¥21,600(税込)

 

 

 

ご依頼ありがとうございました。

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です