ベンツ ML350フロント・リアの検証

BENZ-ML350_NO.1

今日はベンツ ML350(W166)にフロント・リアの

リジカラ検証と取り付け致しました。

 

 

 

フロントの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

BENZ-ML350_NO.2

 

F-1締結部です。

BENZ-ML350_NO.3

 

F-2締結部です。

BENZ-ML350_NO.4

 

F-1、F-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、

青表記部分はサブフレームと締結ボルトの間にリジカラを装着します。

フロントのリジカラは合計8個を使用して、80分で作業が終了しました。

 

 

 

リアの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

BENZ-ML350_NO.5

 

R-1締結部です。

BENZ-ML350_NO.6

 

R-2締結部です。

BENZ-ML350_NO.7

 

R-1、R-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、

青表記部分はサブフレームと締結ボルトの間にリジカラを装着します。

リアのリジカラは合計8個を使用して、60分で作業が終了しました。

 

 

W166の呼称はGLクラスも共通となっています、MLとGLは

フロントが共通品番、リアはサブフレームの穴径が違うので

別品番の設定となりました。

 

 

BENZ ML350(W166)

フロント用

品番:50261-W16-000 ¥21,600(税込)

リア用

品番:50300-W16-001 ¥21,600(税込)

 

 

オーナー様よりインプレのメールが届きましたので、コピペで紹介させていただきます。

あの後すぐに、一般道だけでなく高速道路100km以上と箱根のワインディングを走ってきました。

実は、この現行のメルセデスMクラスブルーテック(ディーゼル)は、中古2年落ちでヤナセで購入したばかりでした(購入時1万3千キロ)。

購入後は、そのハンドル切った際の剛性感の乏しさと不正確な感じ(不快な感じ)が非常に不満足で、また直進安定性がやや悪い点も、ドイツ車歴(もちろん国産車も多数所有しておりました)30年の自分にとってこのMクラスはベンツらしさが乏しく、実は短期間で売ることも考えておりました。

しかし旧Eクラスに以前リジカラを施行いただいて良くなった経験(感覚)から、おそらくこのMクラスの欠点をリジカラはかなり改善してくれると期待し、今回お願いしたわけです。

結果は予想通りというか、予想以上でした。

ハンドルを切った感覚に剛性感が出てきて、ハンドルを切った分だけ正確に車体が反応してくれるようになり、不自然なやわやわした乗り心地も減りました。

もちろん直進安定性もかなり改善しました。以上は街中でも十分感じ取れます。旧Eクラスで経験したリジカラの効果もよかったのですが、それ以上のはっきりした効果です。

リジカラを装着いただいた結果、欠点が感じられないMクラスとなり、運転がとても楽しく快適になりました。

 

 

インプレを頂きありがとうございました。

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です