ケイマン フロント・リアの取り付け

CAYMAN-987_NO.1

今日はポルシェ ケイマン(987)にフロント・リアの

リジカラ取り付けを行いました。

 

 

 

フロントの締結ポイントは黄矢印の8箇所です。

CAYMAN-987_NO.2-2

 

F-1締結部です。

CAYMAN-987_NO.3

 

F-2締結部です。

CAYMAN-987_NO.4

 

F-3締結部です。

CAYMAN-987_NO.5

 

F-1、F-2、F-3の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、

青表記部分はサブフレームと締結ボルトの間にリジカラを装着します。

フロントのリジカラは合計10個を使用して、60分で作業が終了しました。

 

 

 

リアの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

CAYMAN-987_NO.6-2

 

R-1締結部です。

CAYMAN-987_NO.7

 

R-2締結部です。

CAYMAN-987_NO.8

 

R-1、R-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、

青表記部分はサブフレームと締結ボルトの間にリジカラを装着します。

リアのリジカラは合計8個を使用して、60分で作業が終了しました。

 

 

 

PORSCHE CAYMAN(987)

フロント・リア1台分セット

品番:50261-987-000 ¥32,400(税込)

 

 

 

オーナー様よりインプレッションをいただきました、コピペで紹介します。

今回噂のリジカラを装着お願いしました。

先ず装着後エンジンを始動しDレンジに入れた時の振動が減少してます。

 

走りだすと30~60kmで路面の突起やつなぎ目を通過する時にあった突き上げが消え、

上手くダンパー、サスが動くようになりました。

 

そして高速ですがそもそも高速域での走りに大きな不満はなかったのですが、明らかに直進安定性が

向上してステアリングを軽くそえるだけで素直に真っ直ぐ走るのには少し感動しました。

 

高速の路面の継ぎ目に当たった瞬間がスムーズで外力による無駄な車体のブレが減少、

ドライビング時に大きな安心感になりました。

 

ポルシェにリジカラを装着レポートしていたCG誌を見て装着したことは秘密です(笑)

 

 

ご依頼ありがとうございました。

 

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です