三菱 FTO フロントの検証

FTO-DE3A_NO.1

今日は平成10年モデルの三菱 FTO(DE3A)にフロントの
リジカラ検証と取り付けです。

 

 

 

フロントの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

FTO-DE3A_NO.2

 

F-1締結部です。

FTO-DE3A_NO.3

 

F-2締結部です。

FTO-DE3A_NO.4

 

ボディとサブフレームの間(赤表記)に6個を使用、
サブフレームの下側(青表記)に2個を使用します。

フロントのリジカラは8個を使用、作業は60分で終了しました。

 

 

 

続いてリアを確認してみました。

FTO-DE3A_NO.5-2

 

リジカラの装着効果について明確な有効性を確認が出来ませんでした。

取り付け検証作業時は装着前後の試乗でスタッフが比較試乗、リジカラ装着の有効性を
検証しています。

サスペンション形式の特殊設計の為などで、この車種においては
敢えて製品化を見送りました。

 

 

 

三菱 FTO(DE3A)

フロント用

品番:50261-CP9-000 ¥21,600(税込)

 

 

 

オーナー様よりインプレをメールでいただきましたので、コピペで紹介します。

装着して直後、左右折時のステアリングがいい意味で重くなったように感じます。
ステアリングシャフトが倍ほど太くなったようなイメージ。)

車高調を組んでから路面のワンダリングをステアリングがすべて拾っていたものが、
インフォメーションのみを伝えるようになり、持っていかれることがなくなりました。

コーナリングの最中も、速度域を問わずピタりと車の姿勢が決まってぶれなくなりました。

長距離の運転においても抜群の直進安定性は群を抜いて向上しております。

 

 

ご依頼いただき、ありがとうございました。

 

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です