BMW 328i GranTurismo フロント・リアの検証

BMW-F34_NO.1

今日はBMW 3シリーズの5ドアバージョン 328i GranTurismo(F34)に
フロント・リアのリジカラ取り付け検証です。

 

現行型BMW3シリーズのシャシーはセダン(F30型)、ワゴン(F31型)、
GranTurismo(F34型)が共通、
またクーペ(E92型)とカブリオレ(E93型)のシャシーも共通です、
つまり3シリーズは2種類のフロアパネルで構成されているんですね。

 

 

 

フロントの締結ポイントは黄矢印の6箇所です。

BMW-F34_NO.2

 

F-1締結部です。

BMW-F34_NO.3

 

F-2締結部です。

BMW-F34_NO.4

 

F-3締結部です。

BMW-F34_NO.5

 

ボディとサブフレームの間(赤表記)に6個を使用、
サブフレームの下側(青表記)に4個を使用します。

フロントのリジカラは10個を使用、作業は70分で終了しました。

 

 

 

リアの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

BMW-F34_NO.6

 

R-1締結部です。

BMW-F34_NO.7

 

R-2締結部です。

BMW-F34_NO.8

 

ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、
サブフレームの下側(青表記)に4個を使用します。

リアのリジカラは8個を使用、作業は60分で終了しました。

 

 

 

BMW 328i GranTurismo(F34)

フロント用

品番:50261-F20-000 ¥23,100(税込)

 

リア用

品番:50300-F20-000 ¥23,100(税込)

 

 

 

1週間お試しいただいたオーナー様から、インプレのメールが届きましたのでコピペで紹介します。

BMW E39からの乗り換えで現在F34に乗っています。

F34購入前にF34のLuxuryに試乗した時、とても乗り心地が柔らかく感じ、このぐらいであれば
Msportでも問題ないだろうと購入したところMsport+19インチホイールの組み合わせの乗り心地の
硬さに驚き、ただ徐々にサスペンションの当たりがでてきて少し乗り心地に満足してきたところ、
友人にリジカラの存在を教えてもらい、リジカラさんのサイトを見てこれならゴツゴツした乗り心地を
少し和らげることができると思い、迷うことなく取り付け依頼をお願いしました。

スタッフさん、メカさん、とても親切で工場も隅々まで綺麗になっていてとても信頼できる会社・工場でした。

リジカラ装着後、馴染むまで100キロぐらいと言われましたが、私は工場を出て環八に出る歩道との
段差ですぐ分かりました。

今までの重厚感のあるゴツンという突き上げ感のある乗り心地が、え?これ自分の車?と疑ってしまうぐらいの
フワっとした乗り心地に変わっていました。
今まで路面の小さな凸凹でもゴツン・ゴツンとしてたものが、フワッ・フワッと体感できます。

↑昔の車のようなフワフワした乗り心地とは違います。

このまま高速道路に移動。ステアリングのレスポンスが一段上になっていることが分かります。
一般道と同じく高速も凸凹の部分を乗り越えるときの乗り心地が格段に良くなっています。
凸凹の突き上げ感がかなりソフトになりゴツンという音も静かになりました。

メカさんから装着時説明があった通り、リジカラをつけることでサスペンションが本来の働きをすると。
ここまで変化するとは思ってもいませんでした。

 

分かりやすく言うと、

◇減衰調整つき足回りに変えた。
◇ホイール・タイヤをサイズダウンした。
◇アダプティブサスペンション装着の方には、スポーツ→コンフォート→(ソフト)←もちろんこんな設定
ありませがこのソフトの位置に値するぐらいの乗り心地に。

こんな錯覚をしてしまうぐらい私には感じました。

もちろん個人差がありますがBMWユーザーで乗り心地のゴツゴツ感に悩まされてる方には
お薦めのパーツだと思います。

 

 

嬉しいインプレをいただき、ありがとうございました。

 

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です