ランチア テージス フロント・リアの検証

LANCIA-THESIS_NO.1

今日は、2007年式のランチア テージスにフロント・リアの検証です。

 

 

 

フロントの取り付け箇所は点線囲み部分で、締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

LANCIA-THESIS_NO.2

 

F-1締結部です。

LANCIA-THESIS_NO.3

 

F-2締結部です。

LANCIA-THESIS_NO.4

 

ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用し、
サブフレームの下側(青表記)に4個を使用します。

フロントのリジカラは8個を使用、作業は60分で終了しました。

 

 

 

リアの取り付け箇所は点線囲み部分で、締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

LANCIA-THESIS_NO.5

 

R-1締結部です。

LANCIA-THESIS_NO.6

 

R-2締結部です。

LANCIA-THESIS_NO.7

 

ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、
サブフレームの下側(青表記)に4個を使用します、

リアのリジカラは8個を使用、作業は60分で終了しました。

 

 

LANCIA THESIS(2002~2009)

フロント用

品番:50261-THE-000 ¥21,000(税込)

リア用

品番:50300-THE-000 ¥21,000(税込)

 

 

オーナー様からインプレをいただきました、コピペにて掲載いたします。

先日はリジカラを装着いただき有難うございました。
お邪魔だったと思いますが、丁寧な作業工程を見学させていただき感謝しております。

さて連休に富士五湖周辺を走ってきました。以下に感想を述べさせていただきます。

まず皆さんが指摘されている、走り出しの段差の乗り越えの音についてですが、
残念ながら変わりませんでした。

実は納車直後から、低速で段差を乗り越える際に、フロントサスあたりにボコッと
いうような異音がありました。
もしかしたらリジカラを装着することで改善するのではと期待したのですが、
変わりませんでした。

おそらく異音の発生源はサブフレームではなく、サスの他の部位かフェンダー内部の
プラスチック部品の干渉によるのかもしれません。
過去にディーラーで何度か点検してもらいましたが、原因不明でした。

その他ステアリングの応答性、重さ等にも明らかな変化は感じませんでした。
乗り心地も変わっていないようで、同乗の家内も同じと言っています。

ただ高速走行でのステアリングのしっとり感が増したような気もします。

 

結論として、皆さんが感じていらっしゃる劇的な変化を感じることができませんでした。
小生が鈍いのかもしれませんね。

ただ、私は20代の頃アルファスッドに6年ほど乗り、その後は初代BMW3シリーズ、
アウディ80、同90、メルセデスE、アルピナB10を経て今のテージスに行き着きました。

通勤の足はランチア・イプシロンです。一応、欧州車の走りは理解しているつもりでいます。

ご期待に副うような感想を述べることができず、誠に申し訳ありません。

 

みなさまのご活躍を期待しております。ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

 

 

非常に丁寧なご感想をいただき、ありがとうございました!

 

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です