カローラフィールダー フロント・リアの検証

FIELDER-NZE161_NO.1

今日は現行モデルのカローラ フィールダー(NZE161G)にフロント・リアの検証を行いました。

平成24年5月よりマイナーチェンジされたの3代目フィールダー、 トヨタを代表するコンパクトワゴンは
街中でも良く見かけます。

共通プラットフォーム化が進んでいますが、フィールダーはどうでしょう?
さっそく確認をしながら作業に入っていきます。

 

 

フロントの取り付け箇所は点線囲み部分です。

FIELDER-NZE161_NO.2

 

締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

FIELDER-NZE161_NO.3

 

赤矢印はボディとサブフレームの間に挟み込んで取り付けるタイプのリジカラです。
青矢印はサブフレーム下側から取り付けるタイプです。

 

FIELDER-NZE161_NO.4

 

F-1とF-2、ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、
サブフレームの下側から(青表記)に4個を使用します。

フロントのリジカラは8個を使用、作業は50分で終了しました。

 

 

 

続いてリアの取り付け箇所は点線囲み部分です。

FIELDER-NZE161_NO.5

 

青矢印は固定軸の外側から取り付けるタイプのリジカラです。

FIELDER-NZE161_NO.6

 

リアのリジカラは2個を使用、作業は30分で終了しました。

 

 

リジカラは新規の設計で、製品はNEWラインナップになります。

 

 

トヨタ カローラフィールダー(NZE161G/NZE162G)

フロント用

品番:50261-NZE-000 ¥21,000(税込)

リア用

品番:50300-NZE-000 ¥5,880(税込)

※製品は1月28日(月)発売です

 

 

リジカラ装着でドッシリとした確かな重厚感と、サスがしなやかに 動いて路面の凹凸を
スムースにいなしていきます。

クラスを越えた上質な乗り心地をお楽しみいただけます。

オーナーの皆さま、是非ご体感ください!

 

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です