クラウン フロント・リアの検証

今日はトヨタの上級サルーン、クラウン(JZS155)フロント・リアの検証です。

その他クラウンシリーズは17系・18系・20系をラインナップしています。

適合表はコチラ
↓  ↓
http://www.rigidcollar.info/fitsearch/data/toyota121114.pdf

この10世代目からクラウンはサブフレーム構造を採用しました。

クラウンがドライバーズカーに転換を始めたモデルとも言えます。

「いつかはクラウン」、「男はだまって○○ビール」、いつ聞いても
イイ響きの、時をこえた名キャッチですね!

 

フロントの取り付け箇所は点線囲み部分です。

締結ポイントは4箇所で、リジカラは8個使用します、
作業は50分程で終了です。

フロントは90系マークⅡと互換性のあるサブフレームです、
既存品でスムースに取り付けが出来ました。

 

トヨタ クラウン(JZS155)/マークⅡ・クレスタ・チェイサー(JZX90)

フロント用

品番:50261-X10-000 ¥21,000(税込)

 

 

続いてリアの取り付け箇所は点線囲み部分です。

締結ポイントは4箇所で、リジカラは12個を使用します、
作業は約60分で終了しました。

 

リアのリジカラは新規にラインナップします。

トヨタ クラウン(JZS155)

リア用

品番:50300-X90-001 ¥21,000(税込)

 

 

ハンドルセンターに問題ありませんでしたが、馴染みが出た後の
アライメント調整作業をお薦めしています。

試乗の感想ですが、直進安定性の向上でハンドルの座り感がシッカリ、
段差のイナシも良好、「しなやか」で「シットリ」したいつものリジカラ味の
乗り心地となりました、一言で表現すると上質でマイルドに、ホントです!

作業のご依頼、誠にありがとうございました。

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です