プジョー 206RC フロント・リアの検証です

PEUGEOT-206RC_NO.1

今日は平成17年モデルの プジョー 206RC(型式:206RC)のフロント・リアにリジカラの検証です。

 

206の中でもモデルRCはワインディングで気持ち良~く走れるスポーツハッチ系の代表選手!
一見ノーマル、でも実は、、ですネ~。

 

 

フロントの取り付け箇所は点線囲み部分です。

PEUGEOT-206RC_NO.2

締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

 

PEUGEOT-206RC_NO.3

赤矢印はボディとサブフレームの間に挟み込んで取り付けるタイプのリジカラです。
青矢印はサブフレーム下側から取り付けるタイプです。

PEUGEOT-206RC_NO.4

F-1とF-2、ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、
サブフレームの下側から(青表記)に4個を使用します。

フロントのリジカラは8個を使用、作業は50分で終了しました。

 

続いてリアの取り付け箇所は点線囲み部分です。

 

PEUGEOT-206RC_NO.5

締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

 

PEUGEOT-206RC_NO.6

PEUGEOT-206RC_NO.7

R-1とR-2、ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、
サブフレームの下側から(青表記)に4個を使用します、

リアのリジカラは8個を使用、作業は40分で終了しました。

 

今回の検証で、フロント・リアを 新規ラインナップに追加しました!!

 

PEUGEOT 206RC(206RC)

フロント用

品番:50261-206-000 ¥21,000(税込)

<2016.2.18 品番変更しました>

50261-206-000 → 50261-A6N-000 ¥21,600(税込)

 

リア用

品番:50300-206-000 ¥21,000(税込)

 

 

 

 

装着後の試乗でハンドルセンターに問題はありませんでしたが、
リジカラが馴染んだ頃にアライメント調整作業をお薦めしています。

 

試乗の感想ですが、インプレッションですがハンドルセンターが落ち着き、
段差もトン&スーっと乗り越えますね、良い感じでした。

滑らかさを損なわずシッカリした乗り味、上質で濃厚な206をお楽しみ下さい。

 

作業のご依頼をいただき、誠にありがとうございました!

 

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です