マセラティ レヴァンテ 新規検証

マセラティ レヴァンテ(MLE30D)に新規検証を行いました。

フロント側

【締結ポイント】サブフレーム形状 左右合計4箇所
※リフトアップ前に中央のアンダーカバー外しが必要です
※エアサス車はジャッキアップモードを選択します
【F-1締結部】ボディ側フローティングナット M14締結ボルト
【F-2締結部】ボディ側フローティングナット M14締結ボルト

フロント側の検証結果は以下の通りです。
赤表記部分=サブフレーム上側に設定
青表記部分=サブフレーム下側に設定
カラーの合計使用数=8個

※ボディ側がフローティングナットのため位置の調整に時間を要します


リア側

【締結ポイント】サブフレーム形状 左右合計4箇所
【R-1締結部】ボディ側フローティングナット M14締結ボルト
【R-1締結部】ボディ側フローティングナット M14締結ボルト

リア側の検証結果は以下の通りです。
赤表記部分=サブフレーム上側に設定
青表記部分=サブフレーム下側に設定
カラーの合計使用数=8個

※ボディ側がフローティングナットのため位置の調整に時間を要します


適合追加情報

MASERATI LEVANTE(MLE30D)

フロント用 50261-MLE-000 ¥20,000(税抜定価)

リア用 50300-MLE-000 ¥20,000(税抜定価)

ユーザーインプレッション

今回リジカラを装着するのは3台目で、いままでの車種でもリジカラの効果を大変感じていたため、レバンテにもお願いすることになりました。

取り付け後の説明で、レバンテのボディとサブフレームの結合部分がかなり特殊な構造のため検証に手間取ったとのことでしたが、その分、取り付けがきちんと出来て効果が期待できるとの事でした。

その後、ディーラーでアライメント調整を行い完全な状態で乗ってみたところ、取り付け前に不満に感じていた「ギャップを超えた時のステアリングに感じるブルブル感」や「下屋と上屋がズレて動く違和感」が見事に解消されました。

マイナス点とまではなりませんが、サブフレームの取り付け剛性が上がったため、ギャップを超えた時に若干硬さを感じるようになりました。
これは車全体で衝撃をきちんと吸収しているためだと思われ、芯を感じる硬さなので不快感はありません。

高速走行では、いままでより一層快適な上質な動きをするようになり、速度感をあまり感じずにスピードが出るようになりました。

毎度、このような小さなパーツでこれほど効果が出るのが不思議ですが、今回も大変満足できる結果となりました。


  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です