アクセラ フロント・リアの検証

今日はアクセラ(BMLFS)にリジカラの検証と取り付けを行いました。

オーナー様からは装着後インプレメールを頂きました。

 

フロントの締結ポイントは黄矢印の8箇所です。

 

F-1締結部です。

 

F-2締結部です。

 

F-3締結部です。

 

F-4締結部です。

F-1~F-4の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームとボルトの間に装着します。
フロントのリジカラは合計12個を使用しました。

 

リアの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

 

R-1締結部です。

 

R-2締結部です。

R-1とR-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームとボルトの間に装着します。
リアのリジカラは合計8個を使用しました。

 

BMF型のアクセラは、BM5型とリジカラの互換が確認できました。

 

マツダ アクセラ(BMLFS)

フロント用
品番:50261-GJ2-000 ¥21,600(税込)

リア用
品番:50300-GJ2-000 ¥21,600(税込)

 

オーナー様よりインプレをいただきましたので、コピペでご紹介します。

簡単ではありますが、帰路で感じた印象をば。

正直なところ、劇的に何かが変わったという点はありませんでした。
おそらく、スタッドレスタイヤだった事が差を緩慢に覆ってしまったせいではと推測しています。
それでも、注意深く探ると、僅かながら何点か違いを感じました。

最も差を感じたのはステアリング。
直進ではわかりませんでしたが、コーナリング中のシッカリ感が明らかに増してました。
切った時、シャープに路面をトレースする印象とでも表現できるかな。

後輪は気持ち、路面の追従性が増した(落ち着いた)かなって感じ。

サスペンションが動いてる感、これも僅かながら明確になってる気がしました。

路面からの突き上げは、角が丸くなる印象で、結構快適度が上がりました。
そのせいか、僅かですが室内が静かになったような気がします。

エンジン始動時(アイドリングストップからの復帰とか)のブルブルって振動が明らかに小さくなっています。
ディーゼルだから多少ブルブルは残ってしまうようですが、かなり抑えられてる気がします。

リジカラの変化を最も大きく感じるのは、春になって夏タイヤに戻した時かもしれません。

今からちょっと楽しみです。

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です