マツダ3セダン 新規検証

マツダ3セダン(BP5P) 2WDに新規検証を行いました。

フロント側

【締結ポイント】サブフレーム形状 左右合計6箇所
【F-1締結部】M12締結ボルト
【F-2締結部】M12締結ボルト
【F-3締結部】ロアーアーム同軸+ブッシュマウント M14締結ボルト

フロント側の検証結果は以下の通りです。
赤表記部分=サブフレーム上側に設定
青表記部分=サブフレーム下側に設定
カラーの合計使用数=12個


リア側

【締結ポイント】トレーリングアーム(ホーシング)形状 左右合計2箇所
【R-1締結部】ブッシュマウント M14締結ボルト

リア側の検証結果は以下の通りです。
青表記部分=締結ボルト側(車両外側)に設定
カラーの合計使用数=2個


適合追加情報

マツダ マツダ3セダン(BP5P)2WD

フロント用 50261-BPE-000 ¥20,000(税抜定価)

リア用 50300-BPE-000 ¥5,600(税抜定価)


ユーザーインプレッション

マツダ3はリアサスがトーションビームで、荒れた路面や段差等でのリアの突き上げ感が有り、乗り心地が不満でした。

そこで今回セカンドカーのS660に取付けて劇的に乗り心地が改善されたSPOONのリジカラをTYPEONEさんで取付けて頂きました。

効果はまだ100km程しか走っていませんが、心の意味で人馬一体に成った感じです。
マツダ車は人馬一体を売りにしていますが、正直自分はマツダ3を運転してマツダが言う程大したことはないと思いました。
リジカラを入れた後ではハンドルがどっしりして、タイヤの接地感が増しました。
ただこれは人によってはハンドル操作が重く感じネガティブに思われるかも知れません。

又、コーナーリングでリアが振られる感じがなく、まるで後輪が前輪と同じレールの上を走っている感じで正にオンザレールです。

但し市街地等の低速域では違いは僅かで違いが分からない人もいると思いますが、幹線道路やワインディングロード等の中高速域では違いがハッキリ分かります。

肝心の乗り心地は僅かに改善された位でした。
多分車種やサスペンション形式で効果が大きく現れる部分が走りだったり乗り心地だったり別れるかと思われます。


  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です