ゴルフ オールトラック フロント・リアの検証

ゴルフ オールトラック(AUCJSF)にリジカラの検証と取り付けを行いました。

オーナー様からの装着後インプレをブログ末に紹介させて頂きます。

 

フロントの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

 

F-1締結部です。

 

F-2締結部です。

F-1とF-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームとボルトの間に装着します。
フロントのリジカラは合計8個を使用しました。

 

リアの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

 

R-1締結部です。

 

R-2締結部です。

R-1とR-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームとボルトの間に装着します。
リアのリジカラは合計8個を使用しました。

 

今回の検証でVW ゴルフ オールトラックの適合を追加致しました。

 

VolksWagen Golf Alltrack(AUCJSF)

フロント用
品番:50261-AUC-000 ¥23,760(税込)

リア用
品番:50300-AUC-S00 ¥23,760(税込)

 

オーナー様よりインプレをいただきましたので、コピペで紹介します。

施工後、お店を出た瞬間から路面の状態をタイヤを介して車内に伝わる音が変わりました。
これまでの音とは少々異なり、微振動も加わった音に変わったというか、悪く言えば少々 騒々しくなったのかもしれません。
また、フロント部分、Aピラーあたり、ダッシュボードからビビリ音が聞こえるようになりました。
速度20km/hぐらいから聞こえ始めます。
暫く走行するとそれも収まり出たりでなかったりと今日は不再現状態です。

一番の違いは、停止状態からアクセルを踏み込んだ時の動きがダイレクトになったことです。
またドックボーンマウントインサートをセットしていない状態ですが、以前のヴァリアントに組み込んでいた状況と同じになりました。
これまではアクセルを踏んでもワンテンポ遅れているような感じでしたが、それがなくなりました。

次はタイヤがしっかりと路面に接地している感が高くなったことです。
これまでは何か浮いているような状態、ふわふわ感がありましたがそれがなくなりました。
リジカラを付ける前までは恐らくタイヤが悪い、アンマッチングではないのか、と思いましたが結果的にはそうではないことが証明されたようです。
18インチアップしてコンフォートからスポーツタイヤに変えようかと考えていましたがしばらく様子見ることができそうです。

路面からの突き上げについては、以前が10とすれば5~6ぐらいになったような感じです。
これまで感じた強い突き上げ感は非常に違和感を感じていましたが、それが感じなくなった、それほど気にならなくなったことです。

直線走行の安定感が増したような気がします。 これまでは修正が必要であった場所でも安定した走行が実感できました。高速走行が楽しみです。

コーナーでのロールがだいぶ少なくなりました。
これまでは「オールトラック」はそういうクルマであるし、タイヤもコンフォート、オフロードを考慮したセッティングなので現状のサス、ダンバー、タイヤの組み合わせでは仕方ないと思ってしましたが今回の施工でその不満もクリアになりました。
タックイン時のレスポンスも向上したような気がします。

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です