シエンタ 4WD フロント・リアの検証

シエンタ 4WD(NCP175G)にリジカラの検証と取り付けを行いました。

 

フロントの締結ポイントは黄矢印の6箇所です。

 

F-1締結部です。

 

F-2締結部です。

 

F-3締結部です。

F-1~F-3の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームと締結ボルトの間にリジカラを装着します。
フロントのリジカラは合計12個を使用しました。

 

リアの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

 

R-1締結部です。

 

R-2締結部です。

R-1とR-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームと締結ボルトの間にリジカラを装着します。
リアのリジカラは合計8個を使用しました。

 

トヨタ シエンタ 4WD(NCP175G)

フロント用
品番:50261-NCP-000 ¥21,600(税込)

リア用
品番:50300-NCP-000 ¥21,600(税込)

 

オーナー様のインプレをコピペで紹介します。

まず、乗り始めは腰高な少し車高が上がった感じがしました。
悪い意味では無くて、しっかり四つ脚で立っているという感覚です。
ボディ剛性が上がってしっかり地面を拾ってる感じですかね?

そしてアクセルを踏んでビックリでした。
排気量以上のトルク感を感じました。排気量が上がったような感覚。

昨日はウエットな路面でしたが、4本のタイヤがしっかりと地面を踏みしめているような安心感が、ありました。

トヨタ車は人生初で、ここ数年はベンツを乗り継いできましたので、欧州車の足回りにはいつも感心してきましたが、それにも勝る乗り味です。

ホイールを2インチアップして、車高調にしたら嫌な突き上げが出ていて失敗したと思いましたが、それも良い方向に収束して本当に気持ちよくなりました。
車高調やめてリジカラだけにした方が良かったかもしれません?

今回は本当に眼から鱗でした。

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です