エクスプローラー フロント・リアの検証

今日はフォード エクスプローラー(1FMHK8)にリジカラの検証と取り付けを行いました。

サブフレームの締結部が大きくこれまで採寸した中で最大級で、今回は現場試作を行い、
後日に量産試作品で検証作業という2回に区分けした対応でオーナー様にご協力を頂きました。

 

フロントの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

 

F-1締結部です。

 

F-2締結部です。

F-1とF-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームとボルトの間に装着します。
フロントのリジカラは合計8個を使用しました。

 

リアの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

 

R-1締結部です。

 

R-2締結部です。

R-1とR-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームとボルトの間に装着します。
リアのリジカラは合計8個を使用しました。

 

エクスプローラーは初プラットフォーム形状でリジカラも新設、新設定となりました。

 

FORD EXPLORER(1FMHK8)

フロント用
品番:50261-HK8-000 ¥21,600(税込)

リア用
品番:50300-HK8-000 ¥21,600(税込)

 

オーナー様よりインプレをいただきましたので、コピペで紹介します。

■前回の試作品(夏タイヤ)

・多少静かになった気がします。具体的には段差、ギャップ等を乗り越えた時に
発生するドンとかバキっていう音が減った気がします。

・ステアリング操作が以前と比べるとドッシリした感じになりました。表現難しいですが、ステアリングセンター付近の反応が重くなり直進安定性が上がったような気がしています。

→結果として、劇的なクイックさは出てませんが、各操作に対する応答が以前よりシッカリした感触を受けます

■今回の製品版分(スタッドレスタイヤ)

・乗り心地が固くなりました。と言っても悪い感じではなくシッカリした感が以前のものよりも向上しました。

・段差・ギャップ等を乗り越えた時のウネリ/揺すられ感がかなり減少した気がします

 

今回は

・前回の試作品がついている所からの変更でしかない事

・スタッドレスタイヤ故の緩慢さがある

という背景でのインプレだったので違いは殆ど感じられないかと想像していたのですが、しっかりと違いが出て正直かなり驚きました。

これは間違いなくおすすめの製品に仕上がったと思います。

また、ご指摘頂いたとおり夏タイヤに交換した後にアライメントを取り直して見てみたいと思います。

ありがとうございました。

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です