リジカラの取り扱い店舗について

  • どこで取り付けが出来るのですか?

    全国のカー用品店、各ショップやディーラーでもお取り扱いがあります。
    リジカラ公式ウェブサイトでは多くのお取付実績がある店舗を紹介しておりますのでお近くの店舗をご検索ください。
    リジカラ取扱店舗一覧
  • リジカラ取扱店舗一覧に記載がない店舗は、取り扱いが出来ないのですか?

    一覧にない店舗様でも取り付けが出来る可能性があります。ご希望の店舗にお問い合わせいただきますようお願いします。
  • おすすめのショップを教えて下さい。

    リジカラ公式ウェブサイトでご紹介している店舗をご確認ください。
    リジカラ取扱店舗一覧
  • 通販で購入したリジカラが店舗で持ちこみの対応をしてもらえません。

    お持ち込みによる商品については店舗側の対応が様々で、最悪の場合はお断りされるケースがあるようです。
    商品のご購入前にお持ち込みでの対応が出来るかどうか、予めご確認ください。
  • 取り付けの工賃を教えて下さい。

    工賃は店舗により金額が異なります。車種適合表(PDF)に記載の取り付け時間をご参考の上、直接取り付けをされる店舗にご相談ください。
  • タイプワンで作業を依頼する場合の工賃を教えて下さい。

    <商品代>
    ・フロント用
    軽自動車¥15,120 普通車¥19,440~¥24,840

    ・リア用
    固定軸¥6,048 軽自動車¥15,120 普通車¥19,440~¥24,840
    <工賃>
    ・軽自動車
    フロントサブフレーム+リア固定軸 ¥19,008 
    ・小型車/中型車
    フロントサブフレーム+リア固定軸 ¥23,328
    フロント+リアサブフレーム ¥30,240
    ・大型車
    フロント+リアサブフレーム ¥34,560
    <施工時間>
    おおよそ1.5~3.0時間前後 ※車種により異なります
    <施工場所>
    スピードショップ タイプワン
    東京都杉並区南荻窪1-3-16 TEL:03-3247-6601
    営業時間 9:00~18:00 月~金営業/土日休業
    http://www.typeone.jp/
    ※クレジットカード使用可
    ※アライメント別途
    ※要予約

リジカラの効果について

  • 新車に付ける意味がありますか?(純正の状態で装着する方が良いですか?)

    新車に装着いただいても効果を十分に体感いただけます。リジカラは設計上生じる隙間を埋めることでクルマの基本剛性を高める製品ですので、経過年数には関係がございません。
  • 適合の取れていない車種にも装着してもらえますか?

    作業は資料や各種計測、加工機材の関係で弊社ショップ「タイプワン」で行っております。ご希望の際は車検証をご準備いただいたうえ、下記「リジカラ検証車両募集」からご連絡ください。
  • 十年以上経ったクルマに装着しても効果はありますか?

    効果を十分に体感いただけます。ボディ疲労による剛性の劣化は多少影響する可能性はありますが、設計上生じる隙間を埋めることでクルマの基本剛性を高める製品ですので、経過年数には関係がございません。
  • フロントとリアはどのような効果の違いがありますか?

    フロント=主に直進性の向上やステア特性、タイヤの追従性が上がります。
    リア=ボディ全体のバランスの調律と安定感の向上、タイヤの追従性が上がります。
    フロントとリアを同時に装着することで全体が剛体化され、クルマの基本性能を最大限に引き出すも事が出来るようになります。
  • フロントとリア、先に付けるならどちらが良いですか?

    ステアや駆動など、動きに関する働きが多いフロント側からの施工を推奨します。
  • メンバーブレースとの併用はできますか?

    他社製部品との整合性は確認が出来ておりません。接続箇所を確認の上、お問い合わせください。
  • 装着のデメリットについて教えて下さい

    まず、車両の基本構成やお客様固有の感じ方により、変化とその感じ方は様々です。
    利用者様からは「ステアリングの切り出しが若干重くなる(ハンドリング全体が重くなる)」、「突き上げの振動が低速域で若干増える」、「タイヤのグリップが上がり比例してロードノイズが増える」などのご意見をいただくことがございます。
  • 今まで聞こえなかったキシミ音が聞こえるようになりました

    クルマはエンジンやタイヤなどの振動源が多数あり、締結部が強く締結されクルマ全体の剛性が上がることで逃げていた音が、かえって明確に聞こえてしまう場合があります。
    リジカラが馴染むことでキシミ音が緩和する場合もありますが、ある意味で剛性が上がったからこその製品上の特性となりますので、予めご理解ください。
  • リジカラ装着後に動きが固く感じ、乗り味が悪化しました。外せば元に戻りますか?

    リジカラを外した場合には元の乗り味を復元できます。
    取り外し作業の作業工程上、サブフレームが必ず元の位置に戻るとは限りませんので、取り付けた際と同様、試乗を行った上でハンドルセンターのズレや違和感が無いかをご確認ください。

リジカラの取り付けや車両について

  • 作業にはコツなどが要りますか?素人で出来ますか?

    作業リフトなどの設備があり、ある程度の整備経験を持った方が取付説明書通りに手順を進めれば、基本的に問題なくお取り付けが可能です。
    取り付けには危険が伴うため、整備経験が少ない方にはお薦め致しません。
  • ジャッキとウマ(リジットラック)で取り付けが出来ますか?

    非常に困難な作業になりますが取り付けは可能です。作業効率や安全の為を考えますと、止むを得ない事情がない限り、リフトなどの設備が整った工場での作業を強く推奨します。
  • サブフレームが大きくズレていてリジカラが入らないのですが?

    対応の一例として、反対方向からサービスホール(純正の位置調整穴)やバールなどでサブフレームを動かして位置を調整する方法があります。お困りの際は弊社までお相談ください。
  • ボルトの締付トルクはどのくらいですか?

    参考値は以下の通りです。
    ●M10=5.0~6.0kgf・m(49.0~58.8N・m)
    ●M12=9.0~10.0kgf・m(88.2~98.0N・m)
    ●M14=11.0~12.0kgf・m(107.8~117.6N・m)
    ●M16=13.0~14.0kgf・m(127.5~137.3 N・m)
    ※一般的な伸び張力を基にリジカラの狭窄を加味した値で算出しています
    ※実際の締め具合やリジカラの勘合を必ず確認しながら、トルクの加減を行ってください

    サブフレームの締結ボルトは本来再使用不可の指定部品となっております。
    車歴が多く経過している場合や過走行、塩害地域でのご使用など締結ボルトは様々な
    状況が考えられますので、出来るだけ新品の締結ボルトを予めご準備ください。

  • 装着後のアライメント調整は必要ですか?

    装着後のズレ幅には個体差があり、一概に必要かどうかの判断は出来ません。
    弊社では約50km~100kmを走行し各部を馴染ませ、その後の状況をみた上でアライメントの測定または調整を推奨しております。
  • 取り付けはサブフレーム以外のところも外すのですか?

    クルマの下廻りにはアンダーカバーをはじめ、ガゼットプレートやロアーアームバーなどの補強部品が装着されている場合があります。これらの部品を必要に応じて脱着して作業を行います。
  • 説明書の下廻り写真と実車は見た目が違うのですが?

    製品の説明書は代表的な車種の写真を使用しているため、必ずしも取り付けされるクルマと同じとは限りません。(例:ガゼットプレートやサブフレーム形状・材質など)
    取り付け方法に違いはございませんので、手順に沿って作業をお進めください。
  • リアが固定軸(ホーシング形状)です。1Gで締めた方が良いですか?

    マウントブッシュのねじれ補正の為、1G(接地させた状態)で締め付けを行ってください。
  • 取り付ける車両がエアサス車です。必ずエア抜きは必要なのですか?

    各社専用端末、または車両側スイッチの設定でエアサスをオフにしてから作業を行ってください。
    端末が無く止むを得ない場合は、最大車高に設定した上でキースイッチをオフにし、その後リフトアップを行って作業を進めて下さい。なお必ず安全の為にミッションジャッキは使用するようにしてください。
  • 締付トルクは定期的にみた方が良いですか?

    取り付け後は基本的にメンテナンスフリーです。後々車両を上げる機会などがある時にご確認ください。
  • ボルト穴とリジカラの間に少し隙間があるのですが、これは何故ですか?

    車種によりサブフレームの製造誤差や車体側の組み付け公差が大きすぎるため、リジカラとボルト穴に対して隙間を持たせているケースがあります。
    この車種は専用のテーパー角で位置を矯正させる、面密着している部分を広く持たせる、下側のリジカラで可能な限り隙間を詰めるなどの対応を行っています。

リジカラの製品や同梱物について

  • 取付説明書はありますか?

    商品に同梱されています。
  • 取付説明書を無くしたのでメール(またはFAX)してほしいのですが?

    基本的に説明書の再発行は致しておりません。止むを得ず必要な場合には別途ご連絡ください。
  • 付属のリジカラグリスはどのように使えばよいでしょうか?

    リジカラを取り付けの際はカラー全体と締結ボルトに塗布してご使用ください。
    グリスを塗布することで勘合や圧延などがスムースになり、締結ボルトはカジリ防止になります。その他ハブボルトなどにもご使用いただけます。
    成分=極圧・耐錆・耐熱特性にすぐれた高性能コパ(銅)グリス
  • リジカラが余っているのですが?

    一部車種はリジカラを選択して使用する箇所があり、この場合はリジカラが余ります。
    各締結部に正しく取り付けされているのであれば問題ございません。
    もし未使用分以外に余りが出ている場合は、取り付けを行った店舗にご確認ください。
  • リジカラは電位差腐食(電蝕)については問題ないでしょうか?

    既に異素材間の部品は多数採用されており、腐食は事実上薄いと考えております。
    (例:鉄のブレーキローターにアルミホイールなど)
    リジカラの表面には耐蝕性に優れたアロジン処理を施しており、更に同梱のリジカラグリスを塗布する事で締結部の防錆効果も高めています。

リジカラの新規検証について

  • 適合の取れていない車種にも装着してもらえますか?

    基本的にお取り付けは可能です。ご依頼の際は弊社ショップ「タイプワン」で行っておりますので、車検証をご準備いただいたうえ下記「リジカラ新規検証車両募集」のリンクからご連絡ください。
    リジカラ検証車両募集
  • タイプワンが遠すぎて新規検証に行けません

    日本各地で開催しているイベント「リジカラフェア」にて、現地で検証確認をしながら取り付けが行えます。開催のスケジュールについてはイベントページでご確認ください。
    リジカライベント一覧
  • 4WDモデルの適合車種はありますが、2WDモデルにも付きますか?(逆の場合も)

    駆動方式で車両の基本構造が変わっている場合は取り付けが出来ません。
  • 適合表に出ている車種グレードと近いものも取り付け(または流用)が出来ますか?

    整合する可能性は高いですが、必ず取り付けが出来るとは限りません。
  • そもそも適合表に記載が無い車種は取り付けが出来ないという事ですか?

    記載が無い車種は取り付けが出来ないという事ではなく、弊社で実車の確認が取れていないため記載をしていません。
  • ○○○(車種名)には適合しますか? ○○○(車種名)の発売予定はありますか?

    実車での検証を進めている関係上、ご希望の車種の適合確認が取れるまでお時間をいただくケースがありますので、予めご理解ください。

イベントについて

  • イベントページで出ている以外のお店でイベント開催予定はありますか?

    記載以外の店舗でのイベント開催予定はございません。ただし、急遽開催が決まる場合や日程などが変動する可能性もありますので、最新のリリースをご確認ください。
  • 予約は入れた方が良いですか?

    開催日が近くなりますとご希望のお時間での予約が難しくなります。お早めにご予約ください。
  • 開催店舗での特典内容を教えて下さい

    商品のイベント価格や工賃等の特典がございますが、内容については開催の店舗に直接ご確認ください。(公式Facebookページにもご案内致します)

その他

  • 新車に付けるとディーラー保証に影響が出ますか?

    弊社での判断が出来ません。各販売会社様に予めご相談ください。
  • 車検に通りますか?

    直接の保安基準判定箇所ではないため車検には抵触しません。直轄する工場や検査員の判断により基準が異なる箇所の取り付けになりますので、詳しくは取り付けられる店舗にてご相談ください。
    参考:締結ボルトの脱着作業が原動機もしくは緩衝装置の脱着に該当します。
  • 後々サブフレームを下ろして○○(エンジンやミッションなど)を交換する予定ですが、リジカラは再使用できますか?

    リジカラは車両個々の形状にカラーを変形させるため、再利用は推奨していません。
    止むを得ず再利用をされる際は、リジカラに痩せや突出し部の変形、損傷が無いかを必ずご確認ください。

お気軽にお問い合わせください。03-3393-2205受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら