スペーシア フロント・リアの検証

今日はスズキ スペーシア (MK53S)にリジカラの検証と取り付けを行いました。

装着後のオーナー様からインプレメールを頂きました。

 

フロントの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

 

F-1締結部です。

 

F-2締結部です。

F-1とF-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームとボルトの間に装着します。
フロントのリジカラは合計8個を使用しました。

 

リアの締結ポイントは黄矢印の2箇所です。

 

固定軸のボルト側、R-1締結部です。

締結ボルトを抜き、外側から2個を取り付けます。

 

今回の検証でMK53S型2WDモデルの実車で検証が確認できました。

 

スズキ スペーシア(MK53S) 2WD

フロント用
品番:50261-H36-000 ¥15,120(税込)

リア用
品番:50300-H36-000 ¥6,048(税込)

 

オーナー様よりインプレをいただきましたので、コピペで紹介します。

先日は有難うございました。

取り付け後の感想ですが、まず最初に感じた事はハンドルが重くなったというか、ドイツ車風の重厚な感じにたなった気がしました。
路面の継目など、前後動きがトントンと滑らかにこなしてるいるように感じました。

段差などでは、リアサスの形式のせいだと思いますが、引き締めた分だけ、衝撃が強い感じでした。

コーナーリングは、前より足ががっちりして、ロールが減った気がしました。

ご依頼ありがとうございました。

 

 

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です