アクセラ 4WD フロント・リアの検証

今日はアクセラ4WD(BM2AP)にリジカラの検証と取り付けを行いました。

初めてリジカラを装着されるオーナー様は大阪から自走でのご来店です。

 

フロントの締結ポイントは黄矢印の8個所です。

 

F-1締結部です。

 

F-2締結部です。

 

F-3締結部、ロアーアームブラケット部です。

 

F-4締結部です。

F-1~F-4の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームとボルトの間に装着します。
フロントのリジカラは合計12個を使用しました。

 

 

リアの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

 

R-1締結部です。

 

R-2締結部です。

R-1、R-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームとボルトの間に装着します。
リアのリジカラは合計8個を使用しました。

 

アクセラ4WDモデルは、GJ型アテンザとリジカラの共通互換が確認できました。

 

マツダ アクセラ(BM2AP)

フロント用
品番:50261-GJ2-000 ¥21,600(税込)

リア用
品番:50300-GJ2-000 ¥21,600(税込)

 

オーナー様よりインプレをいただきましたので、紹介します。

帰路含めて山道、バイパス道路、市街地、高速道路など様々な道をトータル1000キロほど走ってみた印象です。

装着後に走り始めてまずは、ステアリングが中央に戻ろうとする力が強くなり、ステアリングのセンターがビシッと明確になったのを感じました。
むしろ今までがとても曖昧だったということに気づきました。

次に大きく変わったのは、クルマ全体の過重移動がはっきり把握できるようになったことです。
加速・ブレーキング・コーナリング・低速から高速に至るまで、明らかにコントロール性が向上しました。
これも、今までとても曖昧だったことが明確になりました。

さらに、ロールの変化が穏やかにリニアになり、コーナリングの不安定感がかなり無くなりました。
もともとGVCのおかげでコーナリング中の安定感は抜群だったものの、オーバースピード気味でコーナーに突っ込んだときなど横Gが強めにかかる状態の時に発生していたグラッという感じの急な沈み込みが無くなり、ひらりと安定な姿勢のまま向きを変える感覚。足まわりの部分だけ剛性が上がったような印象です。

乗り心地の面では、荒れた路面などで特に後輪側がドタバタしていた挙動がかなり無くなりました。
段差で跳ねた後の揺れの収まりが早く、上下動の高さも感覚的に半分以下になった感じです。
また、今までは跳ねた後に横ずれするような感覚で不安定感がありましたが、これも解消されました。

ダンパーがしっかり効くようになった印象です。細かく言えば、跳ね上がりは大きく変わらないですが揺り戻しが無くなった感じです。

マツダの目指す「人馬一体」の感覚がより強くなって、クルマを動かすのがとても楽しく、いつまでも運転していたいような気持ちになります。

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です