ステップワゴンHV フロント・リアの検証

今日はステップワゴンHV(RP5)にリジカラの検証と取り付けを行いました。

過去にはレクサスRCやステップワゴンにお取り付けいただき、3台目のご依頼です。

 

フロントの取り付け箇所は黄矢印の4箇所です。

 

F-1締結部です。

 

F-2締結部です。

F-1、F-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームと締結ボルトの間にリジカラを装着します。
フロントのリジカラは合計8個を使用しました。

 

 

リアの締結ポイントは黄矢印の6箇所、トレーリングアームのブラケットです。

 

R-1締結部です。

 

R-2締結部です。

 

R-3締結部です。

R-1~R-3の赤表記部分はボディとブラケットの間にリジカラを挟み、
青表記部分はブラケットと締結ボルトの間にリジカラを装着します。
リアのリジカラは合計12個を使用しました。

 

RP5型ステップワゴンHVは、RP1~RP4型のリジカラと互換性がありました。

 

ホンダ ステップワゴンHV(RP5)

フロント用
品番:50261-RP4-000 ¥19,440(税込)

リア用
品番:50300-RP4-000 ¥19,440(税込)

 

オーナー様よりインプレをいただきましたので、コピペでお伝えします。

リジカラの取付、ありがとうございました。早速ですが、取付前後の印象の変化をお伝えします。

このステップワゴンの前車がダウンサイジングターボのステップワゴンを乗っていたのですが、
ハイブリッドになり剛性が高くなっています。
正直、リジカラを取り付ける前は、前車より良くなってる車に効果が現れるのかなと思っていました。

★突き上げ感について

取付前と比較して、突き上げ感が収まっています。
車載しているドライブレコーダーが、衝撃を感じやすい設定にしていた為、
取付前は頻繁に録画を開始する案内が流れていましたが、取付後は、半減しました。
運転していても、嫌な感じの突き上げ感が減り乗り心地が良くなったと感じました。

★ハンドリング特性の変化

私は、ハンドリングが大きな変化があったと感じています。まず、誤解が無いようにお伝えしなければいけないのが、
良い意味で、ボディーとサブフレームのズレがなくなった事で、直進時にステアリングが右へ約5度切った状態じゃないと真っ直ぐに進まない状態になっていました。
私は素直にボディーとサブフレームのズレが解消したんだと前向きに思いました。
ステアリングこそ傾いていますが、取付後の直進安定性が増し、ステアリングの微調整が減りました。
お陰で、帰り道の疲れは行きよりもかなり軽減されました!
ステアリングは数日後にアライメントしますので、修正します。

★ロードノイズの増減

低速時は、正直変化がわかりにくかったです。高速時は、気持ちロードノイズが増えた気がします。
リジカラを取付けたことで、足回りの遊びが減り、取付前よりもタイヤと路面の接地面積が増えた
効果が出ているんだと思います。
そしてこの効果が、直進安定にも働いていると感じます!

★アイドルストップ/リスタートの振動増減

ハイブリッドになり、今までのステップワゴンとは比べ物にならないくらい静粛性が増しています。
走行中での変化は、取付前でもエンジンの存在が分からない位だったのに、取付後は、
燃費計か車内を静かにして(音楽をやめて)微妙に聞こえるエンジン音を聞かないと、
振動が無いためエンジンの始動には気づきません。

 

ステップワゴンは今回のハイブリッドで3代連続で乗り継いでいます。
クールスピリットは、スポーツよりのポジションの為かミニバンの中で比較的足回りが硬めと感じます。

でも、リジカラを付けた後、本来の車の性能を引き出せたお陰か、路面に合わしてサスペンションが動き、ガタッとかドンッって聞こえる突き上げから、こんなにフワッとする車だったっけ?と感じる場面が帰り道何度かありました。

取付時に見学させて頂き、現物を見ながら説明してくださり、とても丁寧な対応でした。
どうも、ありがとうございました!

 

ご依頼いただきありがとうございました。

 

 

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です