プジョー307 フロント・リアの検証

今日はプジョー307(T5NFU)にリジカラの検証と取り付けを行いました。

初リジカラ装着のオーナー様、装着後の猫足プジョーの変化が楽しみです。

 

フロントの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

 

F-1締結部です。

 

F-2締結部です。

F-1、F-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームと締結ボルトの間にリジカラを装着します。
フロントのリジカラは合計8個を使用しました。

 

 

リアの締結ポイントは黄矢印の8箇所、トレーリングアームのブラケットです。

 

R-1締結部です。

 

R-2締結部です。

R-1・R-2の赤表記部分、ボディとブラケットの間にリジカラを装着します。
リアのリジカラは合計8個を使用しました。

 

プジョー307は308(T75)とリジカラの互換性がありました。

 

PEUGEOT 307(T5NFU)

フロント用
品番:50261-A6N-000 ¥21,600(税込)

リア用
品番:50300-B5N-000 ¥21,600(税込)

 

 

オーナー様よりインプレをいただきましたので、紹介します。

特に今まで改造した事も無く完全にノーマルの状態で10万kmを超えましたが、
強いて不満は感じていませんでした。

ですので装着してもあまり変化は感じないだろう程度に思っていたのですが、
走りだしてみるとハンドルがズッシリと重くなっているのが直ぐに判りました。

その後いろいろ走ってみると全体的に安定しているのが判ってきて、
気付いたら高速道路でも矢のように走り微妙なハンドル操作が減りました。

長距離を走ると疲れも減っていくんだなと思いました。

運転が久々に楽しいと思えるようになり、クルマの奥深さを知る良いキッカケ
になりました。

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です