アトレー7 フロント・リアの検証

今日はダイハツ アトレー7(S231G)にリジカラの検証と取り付けでした。

6月に開催したリジカラフェアSAかしわ沼南でレガシィとプレオの2台ににお取り付けいただき、
今回で3台目の装着依頼です。

 

フロントの締結ポイントは黄矢印の6箇所です。

 

㊟この車種の場合の注意

F-1とF-2の締結部にはバンパーが被さっています。そのままでは締結ボルトにアクセスができません。

 

そこでフロントのバンパーフェイスASSYを一時取り外してから作業を進めます。

 

F-1とF-2締結部です。

 

F-3締結部です。

F-1、F-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームと締結ボルトの間にリジカラを装着します。
フロントのリジカラは合計8個を使用しました。

 

フロントの作業後は、取り外したバンパーASSYを逆の手順で元に戻します。

 

続いてリアの締結ポイントは黄矢印の2箇所です。

 

固定軸のボルト側、R-1締結部です。

㊟この車種の場合の注意

締結ボルトから大型の純正ワッシャーを取り去りリジカラと交換してください、
ボディ外側から2箇所に装着します。

 

S231Gのアトレー7は、フロントのみ新規の設定となりました。
発売は7月20日(火)から開始させていただきます。

 

ダイハツ アトレー7(S231G)

フロント用
品番:50261-S23-000 ¥21,600(税込)

リア用
品番:50300-NAK-000 ¥6,048(税込)

 

 

オーナー様よりインプレをいただきました、コピペで紹介します。

本日は、ありがとうございました。

早速インプレですが、今回のアトレー7は、以前に取り付けて頂いた車よりも変化が良く出ました。

突き上げ感は、明らかに少なくなり、ダンパーを動きの良い物に変えたような感覚でした。車種の特徴から、きびきびとはいきませんが、確実に応答性は良くなってます

また、ロードノイズですが、若干大きくなっているようですが、この車の場合、エコタイヤを履いており、元々路面との接触感が無かったそれが分かるようになりノイズは気にならないレベルだったので、プラス作用だけの予想外の好印象でした。

ほんとシンプルに言うと、車がワンランク上がった感じです。

今回、タイプワンさんに行き、作業場の整理されている事やきちんとした仕事ぶりを見せて頂いただけでも、信頼に値する気持ちになりましたよ。

暑い中、ご苦労されて頂いてありがとうございました。大変満足しております。

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

 

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です