C-HR フロント・リアの検証

今日はトヨタ C-HR(ZYX10)にリジカラの検証と
取り付けを行いました。

以前アルファ Mitoにお取り付けをいただいたオーナー様、
市街地などの細かいダンピングが気になっているという事です。

 

フロントの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

 

F-1締結部です。

 

F-2締結部です。

F-1・F-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームと締結ボルトの間にリジカラを装着します。
フロントのリジカラは合計8個を使用しました。

 

 

リアの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

 

R-1締結部です。

 

R-2締結部です。

R-1・R-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームと締結ボルトの間にリジカラを装着します。
リアのリジカラは合計8個を使用しました。

 

C-HRはフロントが新規設定、リアは50プリウスとの互換性が確認できました。

 

 

トヨタ C-HR(ZYX10)

フロント用
品番:50261-ZYX-000 ¥21,600(税込)

リア用
品番:50300-ZV5-000 ¥21,600(税込)

 

 

オーナー様からインプレをいただきましたので、コピペで紹介します。

装着後、50キロほど走行しましたので、ファーストインプレッションとして、感じたことをひとまずご報告させていただきます。

 

① ステアリングが重くなった

装着前は、特にECOモードでは非常に軽く、切れ角に違和感を覚えることも多かったですが、装着後はステアリング操作が重くなり(特にセンター付近がフラフラしない)、タイヤの切れ角が、より分かりやすくなりました。

特にスポーツモードでは、制御の変化もあり、前車86と同等かそれ以上に重ステになったように感じます。

個人的にはこれくらい重いほうが好みです。

 

② 発進がスムーズになった

信号待ちなどでブレーキ→アクセルと動き出す際に、ズレるような、ガクっと感じる振動がありましたが、装着後はそれを感じず、スムーズに発進できるようになりました。

 

③ レーンチェンジ・高速道路のつなぎ目について

現状つなぎ目等の段差については気のせい?というレベルですが、レーンチェンジの際の微妙な振り戻しがなくなったように感じます。

その分、コーナリング中のロールを感じ取りやすくなったと思います。

 

その後アライメント調整をされたご感想もいただきましたのでご紹介します。

 

その後、アライメント調整を行い、500㎞程走行しましたので、再度メールさせていただきました。 

結論としては、今回のリジカラ装着、大変満足しております。

アライメント調整前は、カラーが馴染んできた分か、高速道路などで若干ステアリングを取られるような感触、フラフラする感触がありましたが、アライメント調整後は直進安定性もよく、運転が楽になりました。

また、装着直後は「重ステ」と表現しましたが、現時点ではステアリングインフォメーションがハッキリと分かりやすくなった、という風に印象が変わっています。

慣れたせいもあるかとは思いますが、エコモード~スポーツモードまで、車体の動きとステアリングを切った間隔に、違和感を感じることなく運転できています。

レーンチェンジや、路面のギャップに対するリアクションとしては、装着前が段差を衝撃なく通過するのに対し、装着後は段差を通過する感触を感じ取ることができるように、若干足回りが固くなったような印象を受けています。

ただし不快な固さではなく、サスペンションの動きがよくわかる、という感じです。

埼玉県秩父方面の山道も走行しましたが、割ときつめのカーブも(SUVにしては)不安なくクリアできました。

余談ですが、リジカラの効果かはわかりませんが、この時に35.2kmを1時間で走行し、46.8km/Lを記録しました。ちなみにリジカラ装着前は、同じ道のりで35.2km/Lでした。

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

 

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です