アルト ラパン フロント・リアの検証

今日はアルト ラパン(HE33S)にリジカラの検証と取り付けを行いました。

オーナー様の要望は走安性の向上と走質感の改善です。

 

フロントの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

 

F-1締結部です。

 

F-2締結部です。

F-1、F-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームと締結ボルトの間にリジカラを装着します。
フロントのリジカラは合計8個を使用しました。

 

リアの締結ポイントは時矢印の2箇所です。

 

固定軸のボルト側、R-1締結部です。

締結ボルトを抜いて、外側から2箇所に装着を行いました。

 

HE33型のラパンは、HA36型のアルトとリジカラの互換性が確認できました。

 

スズキ アルトラパン(HE33S)

フロント用
品番:50261-H36-000 ¥15,120(税込)

リア用
品番:50300-H36-000 ¥6,048(税込)

 

オーナー様からインプレをいただきましたので、コピペで紹介します。

先日はお世話になりましてありがとうございました。
リジカラ装着から100キロあまり走行しましたので、感想をお伝えします。

聞いていた劇的な変化というのはありませんが、車体の硬性感が増して直進性は良くなりました。
ゆるいハンドリングが、クイックになりましたので、コーナーも思ったラインで走れるようになりました。

ハンドルがどっしりして乗り心地も幾分は良くなったかなとも思えます。

また、良く捉えれば、路面状況がより分かるようになりましたが、反面、ロードノイズが室内に響くという感じになり、これは私には好ましくありません。

コンフォートタイヤのレグノ GRレジェーラでも早く装着したいと思うようになりました。

これからも日常使いのミニカーとして活かしていきたいと思います。

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です