アキュラ TSX フロント・リアの検証

今日はアキュラ TSX(CL9)にリジカラの検証と取り付けを行いました。

以前タイプワンでN-ONEにお取り付けいただいたオーナー様、
今回はメインカーのTSXへと取り付けのご依頼です。

 

フロントの取り付け箇所は黄矢印の4箇所です。

 

F-1締結部です。

 

F-2締結部です。

F-1・F-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームと締結ボルトの間にリジカラを装着します。
フロントのリジカラは合計8個を使用しました。

 

 

リアの取り付け箇所は黄矢印の4箇所です。

 

R-1締結部です。

 

R-2締結部です。

R-1・R-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームと締結ボルトの間にリジカラを装着します。
リアのリジカラは合計8個を使用しました。

 

CL9型のTSXは、アコードCL7とリジカラの互換性が確認出来ました。

 

ACURA TSX(CL9)

フロント用
品番:50261-RR1-000 ¥19,440(税込)

リア用
品番:50300-CL7-000 ¥19,440(税込)

 

 

オーナー様よりインプレをいただきましたので、コピペで紹介します。

今日はお世話になりました。
簡単ながら、八王子までの帰り道に感じたことを書かせてもらいます。

タイプワンから調布ICまでの下道、調布ICから国立府中ICまでの高速がメインとなります。

・突き上げ特性などの変化

下道での突き上げはマイルドになりました。
足の動きがよくなったのか、ダダダダってとこがダンダンダンと動くような感じでしょうか。
ただ、リヤの剛性が上がったせいか、その剛性の高さを乗り心地が悪い(硬い)と感じるところがあります。

高速では段差を超えた後の収まりが良くなりました。
突き上げに関しては速度が高い時にはもともと気になるほどではなかったのですが、トトトトってところがトントントンと軽くいなすようになりました。
直進安定性は以前より良くなりました。

・ハンドリング特性の変化

フロントがドッシリした感じになり、少しハンドルが重くなりました。
リヤの剛性が上がったのか
今までより動きがシャープになったと思います。

・前後バランスの変化

こちらに関しては正直よくわかりませんでした。ただ、CL系に関しては前後セットで装着したほうがバランスは取れるんじゃないかと思います。
フロントよりリヤの効果を強く感じるので。

・ロードノイズの増減

ロードノイズが静かになったわけじゃありませんが、音と言うか質が変わったのかロードノイズが今までより不快じゃなくなりました。これが1番効果を感じました。

・アイドルストップ/リスタートの振動増減

信号待ちなどでのアイドリング時(ブレーキ踏んでる状態)でステアリングへの振動がかなりあったのですが、それがかなり減少しました。
また、ゼロ発進でアクセルを強く踏み込んだ時に、今までよりフロントが暴れなくなりました。
トラクションの掛かりがよくなったような印象です。

 

今日乗った感じではこのようなところでしょうか。全体的に見て大きなデメリットは感じていません。車高調のショボさが際立ったくらいでしょうか?(笑)

費用対効果として考えると、1度でも使ったことがあれば次の車もと考えますが、前後やってアライメントやってとなるとそれなりの金額になるのがネックと言ったところでしょうか。

 

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です