VW ティグアン フロント・リアの検証

今日はVW ティグアン(5NCZE)にリジカラ検証と取り付けを行いました。

オーナー様は前車にもリジカラを装着、今回のティグアンは2台目のインストールです。

 

 

フロントの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

 

F-1締結部です。

 

F-2締結部です。

F-1・F-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームと締結ボルトの間にリジカラを装着します。
フロントのリジカラは合計8個を使用しました。

 

 

リアの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

 

R-1締結部です。

 

R-2締結部です。

R-1・R-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、
青表記部分はサブフレームと締結ボルトの間にリジカラを装着します。
リアのリジカラは合計8個を使用しました。

 

今回の検証でVW ティグアンの適合が確認出来ました。

 

VolksWagen Tigian(5NCZE)

フロント用
品番:50261-AUC-000 ¥23,760(税込)

リア用
品番:50300-AUC-S00 ¥23,760(税込)

 

オーナー様より装着後の走行インプレをいただきました、
許諾のうえ全文をコピペで紹介させていただきます。

新車で購入し3000キロ走行した後に装着しました。

先ず、今まで軽すぎると思っていたハンドルがしっとり程よく重くなったな~と感じました。

決して嫌な感じではなく、軽快なハンドリングからしっとりとした落ち着いたハンドリングになったという印象です。

今までは、スタートからの急加速にたいしてトルクが太い分少しふらつく感じがありましたが、ピタッと安定していると感じます。

首都高の段差なども、以前はバタつく感じがありましたが路面に吸い付くように段差もいなしてくれます。

また、以前までは高速でのカーブはふらつく感じがありましたが、サスペンションを変えたのかと思うぐらいコーナリングが安定しています。

装着から僅か30キロしか走っていませんが、トライアスロンが趣味のため全国へ遠征するのですが、車での移動が今からとても楽しみです。

有難うございました。

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です