キャスト フロント・リアの検証

cast-la250_no-1

今日は厚木のアライタイヤ様より依頼で、ダイハツ キャスト(LA250S)の

前後リジカラ検証と取り付けを行いました。

 

お客さまにお話を伺ったところ車高調ダンパーに交換後にギャップ越えなどで

収束の悪さが気になる、いわゆる「乗り味を良く」したいとのご要望です。

 

 

フロント側4箇所のうち、前側のF-1締結部です。

cast-la250_no-2

 

後側のF-2締結部です。

cast-la250_no-3

 

F-1・F-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、

青表記部分はサブフレームと締結ボルトの間にリジカラを装着します。

フロントのリジカラは合計8個を使用しました。

 

 

 

リア側の固定軸、R-1締結部です。

cast-la250_no-4

 

締結ボルトを抜いて、内側から2箇所に装着を行います。

 

 

キャストはLA600型のタント、LA300型のミラとの共通互換が確認出来ました。

 

 

ダイハツ キャスト(LA250S)

フロント用

品番:50261-MOV-000 ¥15,120(税込)

リア用

品番:50300-COP-000 ¥6,048(税込)

 

 

 

リジカラは乗り味の改善だけではなく、走行時以外でも停止時のアイドル振動や

再始動時の揺動も低減します。これからも上質な乗り味をお楽しみ下さい。

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です