シエナ 4WD フロント・リアの検証

SIENA-4WD_NO.1

今日はシエナ 4WD(GSL35L)にフロント・リアの

リジカラ検証と取り付けを行いました。

 

 

北米、カナダ市場に向け販売されているTOYOTA製のミニバンですね。

そのシエナの4WDモデル、では国内アルヴェル系と違うのか比較しながら

作業開始しました。

 

 

フロントの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

SIENA-4WD_NO.2

 

F-1締結部です。

SIENA-4WD_NO.3

 

F-2締結部です。

SIENA-4WD_NO.4

 

F-1、F-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、

青表記部分はサブフレームと締結ボルトの間にリジカラを装着します。

フロントのリジカラは合計8個を使用しました。

 

 

リアの締結ポイントは黄矢印の2箇所です。

SIENA-4WD_NO.5

 

固定軸のボルト側、R-1締結部です。

SIENA-4WD_NO.6

 

リアのリジカラは車体内側から装着し2個を使用しました。

 

 

シエナの4WDモデルは、2WDモデルとの共通互換が確認出来ました。

 

 

トヨタ シエナ 4WD(GSL35L)

フロント用

品番:50261-10W-000 ¥21,600(税込)

リア用

品番:50300-50W-000 ¥6,048(税込)

 

 

オーナー様よりインプレのメールを頂きましたので、コピペで紹介します。

先日はリジカラを取り付けて頂き、ありがとうございました。
取り付け後100キロ超走行しての感想となります。

まず、取り付け後すぐに感じた事はハンドリングが素直になったという事です。

取り付け前は車重もバネ下重量も重いせいか、走行時のハンドリングにバタつきを
感じていましたが、
それが収まり、素直に車体が動いてくれます。

また、高速道路の継ぎ目など段差を越えた際の突き上げ、振動がマイルドになっている
のも体感できました。

あとはアイドリング時の振動が気にならなくなった、正確には振動の質が気にならない
ものに
変わったと言った方が正しいかと思います。
振動自体がなくなった訳ではないのですが、気に触る振動が減ったといった感じでしょうか。

デメリット(直進走行時からのハンドル操作が多少重く感じる等)もご説明頂きましたが、
それよりも取り付けによるメリットが顕著に出ていて、正直驚いています。

取り付け後に言われていた通り、確かに少し車体が左に流れていますので、
タイヤ交換後に
アライメントを実施予定です。

今後の車両入替の際も是非とも導入したいパーツの一つです。
今後ともよろしくお願い致します。

 

 

ご依頼いただき、ありがとうございました。

 

 

 

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です