AUDI リジカラ取り付けの手順とポイント

AUDI-RS6-4FB_NO.1

今日はアウディ RS6(4FB)にリジカラ取り付けを行いました。

 

アウディの中でも下記年次モデル(2000年~2007年)は

取り付けに少しポイントがあります。

・A4/S4/RS4(B5・B6・B7系)

・A6/S6/RS6(C6系)

・A8/S8(D3系)

 

 

商品に同梱の説明書にも記載がありますが、ブログでも解説いたします。

 

<ポイント:ミッションジャッキはサブフレーム側にかけます>

AUDI-RS6-4FB_NO.5

 

 

手順1:黄/青丸印のボルト全てを20~30mm緩めます。

(黄丸印=リジカラを取り付ける8箇所  青丸印=ガゼットプレートボルト)

AUDI-RS6-4FB_NO.2

 

 

手順2:F-1のリジカラを装着、ボルトを3~5mm「仮締め」します。

AUDI-RS6-4FB_NO.4

 

 

手順3:F-2のリジカラを装着、ボルトを10mmくらい「仮締め」します。

AUDI-RS6-4FB_NO.6

 

 

手順4:F-3のリジカラを装着、ボルトを10mmくらい「仮締め」します。

AUDI-RS6-4FB_NO.7

 

 

手順5:各部の締結ボルトをゆっくり均等に締めていき、全体のカラーを勘合させていきます。

<ポイント:サブフレームを位置出しするサービスホールを使って調整します>

AUDI-RS6-4FB_NO.9

 

 

手順6:全てのボルトを完全にトルク締めして完了です。

 

リジカラの取り付けは設備や技術、知識が必要な場合があります。安全・確実に取り付けを行い、

リジカラ特有の「トリプル3効果」で上質な乗り味を如何なく発揮させて下さい!

 

 

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です