シビック タイプR フロント・リアの検証

CIVIC-FK2_NO.1

今日はシビック タイプR(FK2)にフロント・リアの

リジカラ検証と取り付けを行いました。

 

 

国内で限定販売された話題の新型タイプR、オーナー様は前車でリジカラを装着され

サスがスムーズに動くので路面の段差超えがスムーズになったね~と

嬉しい評価をいただきました。

 

 

フロントの取り付け箇所は黄矢印の4箇所です。

CIVIC-FK2_NO.2

 

F-1締結部です。

CIVIC-FK2_NO.3

 

F-2締結部です。

CIVIC-FK2_NO.4

 

F-1・F-2の赤表記部分にはボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、

青表記部分はサブフレームと締結ボルトの間にリジカラを装着します。

フロント側は合計8個のリジカラを使用しました。

 

 

 

リアの締結ポイントは黄矢印の2箇所です。

CIVIC-FK2_NO.5

 

固定軸のボルト側、R-1締結部です。

CIVIC-FK2_NO.7

 

リアのリジカラはボディの外側から装着、2個を使用しました。

 

 

新型シビックはフロントが専用品、リアは英国Honda製のシビックFN2型と共通でした。

 

 

ホンダ シビック タイプR(FK2)

フロント用

品番:50261-FK2-000 ¥19,440(税込)

リア用

品番:50300-GE8-000 ¥6,048(税込)

 

 

早速オーナー様からインプレをいただきましたので、コピペで紹介します。

FD2の印象が強烈に良かったので、リジカラ装着は速攻で決断です。ただ、FK2の第一印象は
ノーマルでリジカラ装着状態のFD2に非常に近く、仮にリジカラをつけてもどこまで変わるのか?
大いに疑問でした。

しかしながら、帰り(装着後)の動きでまたもや、リジカラのポテンシャルを実感しました。
まず、エンジンスタート時は、挙動が軽く「あれ、違いますね」。
一般道時、道路の継ぎ目の拾い方も軽くなった感じ。「ガタッ」から「コト、コト」。
また、高速走行時、特に印象に残ったのは、バンクのついたカーブを曲がるときの安心感。

トラクションを適度にかけて曲がると、狙ったラインをストレスフリーでトレースしてくれる
感じは秀逸でした。まだまだいけるよ、とFK2が言ってます。

FK2そのもののポテンシャル、リジカラとの相互作用で、しっかり足し算が出来きてる感じです。

装着後の変化も実感しましたが、「運転の安心感をget」の方が強く感じました。
これなら、安心していろいろなことにチャレンジできると思います。

 

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です