新型シエンタHVリジカラ検証&振動計測

SIENTA-NHP170G_NO.1

今日は新型シエンタ HV(NHP170G)にリジカラの検証と

取り付けを行いました。

 

生まれ変わった新型シエンタ、フロントのサブフレームの

精度が一段と上がり、車体剛性に力が入っているのが判ります。

 

フロントはアクアやヴィッツと同じプラットフォームを使用しており、

リアはNCP81型のシエンタとリジカラの互換性が確認できました。

 

<過去ブログはこちら>

アクア フロント・リアの検証

 

 

 

シエンタ HV(NHP170G)

フロント用

品番:50261-P91-000 ¥21,600(税込)

リア用

品番:50300-ZGE-000 ¥6,048(税込)

 

 

 

今回は私のスマホの「振動」測定アプリを使い、リジカラの取り付け前後を比較してみました。

計測は最新スマホ機種じゃないと、、、(笑)

SIENTA-NHP170G_NO.4

 

振動と騒音は親戚関係ですが先ずは振動だけ測定、

皆さんの参考にしていただけると嬉しいで~す。

GOOGLE PLAYストアで「振動 騒音計」と検索してみてくださいね。

 

 

 

装着前後でアイドリング振動を計測、ダッシュボードの中央にセットしてトライ、

測定単位はメルカリ震度階数の(MM)です。

SIENTA-NHP170G_NO.2

 

<アイドリング>

リジカラ取り付け前は平均5.2MM 最大5.6MMでした。

SINDOU-IDOL-1

 

取り付け後は平均約2.9MM 最大4.7MMで約44%減でした。

SINDOU-IDOL-2

 

皆さんの愛車で測定してみてください。

 

次は装着前後での騒音変化を測定してみますね。

# 2015/10/17 記載の数値を一部訂正いたしました。

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です