CX-3 フロント・リアの検証

CX-3-DK5_NO.1

今日はマツダ CX-3(DK5)にフロント・リアの

リジカラ検証と取り付けです。

 

このCX-3はディーゼルモデルですが、特有の振動が大きいようです、

特にアイドルストップやリスタートに関してはかなりの大きさという事でした。

 

 

 

フロントの締結ポイントは黄矢印の6箇所です。

CX-3-DK5_NO.2

 

F-1締結部です。

CX-3-DK5_NO.3

 

F-2締結部です。

CX-3-DK5_NO.4

 

F-3締結部です。

CX-3-DK5_NO.5

 

F-1~F-3の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、

青表記部分はサブフレームと締結ボルトの間にリジカラを装着します。

フロントのリジカラは合計12個を使用して、およそ60分で作業が終了しました。

 

 

 

リアの締結ポイントは黄矢印の2箇所です。

CX-3-DK5_NO.6

 

固定軸のボルト側、R-1締結部です。

CX-3-DK5_NO.7

 

リアのリジカラは車体外側から装着し、2個を使用します、

作業は30分で終了しました。

 

 

CX-3はフロント・リア共に新規で設定となります。

 

 

マツダ CX-3(DK5)

フロント用

品番:50261-DK5-000 ¥21,600(税込)

リア用

品番:50300-DK5-000 ¥6,048(税込)

※商品は5月25日(月)より発売開始します

 

 

オーナー様よりインプレが届きましたので紹介します。

● ディーゼルエンジンの音が静かに、というか調和された感じ。

(今までは一か所に響いて増大してたのかと思うくらい。)

● アイドルストップ後の解除の揺れが減った。

● 段差を乗り越えた時の、ゴツゴツしたMAZDA車の個性は残ったままマイルドに。

● ブレーキ時・加速時のピッチングの最後が穏やかに。

● 自分の動作と遅れが少なくなった気がする。

● 変速時のショックは、純正でも少ないけどますますシームレスになった。

● 縦重心が下がった気さえする。

● ステアリングのインフォメーションは今まで通り。

● 1日乗ればもう違いは思い出せなくなるだろう。

 

実はあまり期待してなかったのだが、こんなに効くとは!と驚いてます。

ディーゼルエンジン&四駆なのもあいまって、四方八方から微振動や微音があったが、

それらがマイルドに調和された感じ。走り心地はより熟成され、

乗り心地はより心地よくなり、満足してます。

 

 

ご依頼ありがとうございました。

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

CX-3 フロント・リアの検証” に対して 2 件のコメントがあります

  1. kubodera より:

    nenenana

    CX-3のリアが固く、突き上げが強いため、現在タイヤの空気圧を下げて装着しています。

    リアのアブソーバがあまり動いていないのではと感じます。(実際はわかりませんが)

    リジカラをリアのみに取り付けることで、リアの衝撃を柔らかくすることはできるのでしょうか?

    あるいは、ネガに働いてより固くなり衝撃や振動が増したりすることはあるのでしょうか?

    実際のインプレなどあれば教えてください。

    1. リジカラ 開発メカ より:

      お問い合わせいただき、有難うございます。

      ご質問の回答をさせていただきます。CX-3のリア形状は、ご承知の通り左右が繋がっている形状のため、独立サスのしなやかな動きの再現が難しくなっております。
      リジカラは左右の締結ボルトの隙間(約4.2mm)を埋めブレを無くし、芯軸の強度を増大させブッシュだけの動きにしてあげる事で、ブレがない動きを再現させています。
      リジカラが馴染むまで(ブッシュの馴染み)多少の硬さは残ってしまいますが、おおよそ100km程度走行されると足廻りの動きがリジカラに慣れ、フロント同様に尖った感じの動きが芯のある滑らかさに変化していきます。
      ブログ中のインプレはオーナー様からのメールをそのままコピペで掲載しておりますので、ご参考頂いても宜しいかと思います。

      ご検討下さいますよう、宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です