エスクァイア フロント・リアの検証

ESQUIRE-ZWR80_NO.1

今日はトヨタ エスクァイア(ZWR80)にフロント・リアのリジカラ検証と取り付けでした。

以前クラウンアスリート(GRS214)にリジカラを検証から取り付けを

いただいていたオーナー様です。

 

 

 

フロントの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

ESQUIRE-ZWR80_NO.2

 

F-1締結部です。

ESQUIRE-ZWR80_NO.3-2

 

F-2締結部です。

ESQUIRE-ZWR80_NO.4

 

F-1、F-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、

青表記部分はサブフレームと締結ボルトの間にリジカラを装着します。

フロントのリジカラは合計8個を使用して、50分で作業が終了しました。

 

 

 

リアの締結ポイントは黄矢印の2箇所です。

ESQUIRE-ZWR80_NO.5

 

固定軸のボルト側、R-1締結部です。

ESQUIRE-ZWR80_NO.6

 

リアはボディの内側に左右で各1個を装着します、

作業は30分で終了しました。

 

 

エスクァイアはノア/ボクシィとリジカラの共通互換がありました。

 

 

トヨタ エスクァイア(ZWR80)

フロント用

品番:50261-R60-000 ¥21,600(税込)

リア用

品番:50300-PU3-000 ¥6,048(税込)

 

2015年11月11日 更新

リアの品番を変更しました。

<新品番>

リア用

品番:50300-50W-000 ¥6,048(税込)

 

 

 

後日オーナー様よりインプレが届きましたので、掲載をさせていただきます。

取付け前はFFのワゴンという事もあって、重量配分が前で後ろは人が乗ってないと跳ねる印象でした。

それこそ、車高調入れたクラウンの方が、乗り心地が良いぐらいでした。

取付け後ですが、後ろが軽い印象が薄れ、しっかり足が動いて路面のデコボコを吸収してくれています。

クラウンと比べて、足回りの違いから特にリアは、トーションビームという事もあり、

正直ここまで、期待していなかったのですが、見事にやられました。

 

リアが、二ヶ所だけですが、それだけでも、いい仕事をしているのか、フロントと合わせて全体でまとまっているのか

わかりませんが、兎に角、取付けて正解のパーツです。

 

 

ご依頼ありがとうございました。

 

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です