トルネオ ユーロR フロント・リアの検証

 

TORNEO-CL1_NO.1

今日はトルネオ ユーロR(CL1)にフロント・リアのリジカラ検証と

取り付けを行なます。

 

販売チャンネルの違いでクリオ店がアコード、プリモ&ベルノ店がトルネオ、

事実上は同じ車両でいわば双子車ですね。

 

 

 

フロントの締結ポイントは黄矢印の6箇所です。

TORNEO-CL1_NO.2

 

F-1締結部です。

TORNEO-CL1_NO.3

 

F-2締結部です。

TORNEO-CL1_NO.4-2

 

F-3締結部です。

TORNEO-CL1_NO.5-2

 

F-1~F-3の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、

青表記部分はサブフレームと締結ボルトの間にリジカラを装着します。

フロントのリジカラは合計12個を使用して、50分で作業が終了しました。

 

 

 

リアの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

TORNEO-CL1_NO.6

 

R-1締結部です。

TORNEO-CL1_NO.7

 

R-2締結部です。

TORNEO-CL1_NO.8

 

R-1、R-2の赤表記部分はボディとサブフレームの間にリジカラを挟み、

青表記部分はサブフレームと締結ボルトの間にリジカラを装着します。

リアのリジカラは合計8個を使用して、50分で作業が終了しました。

 

 

CL1トルネオは、フロントがCF4~7、リアはCL7~9と共通互換が確認出来ました。

 

 

ホンダ トルネオ ユーロR(CL1)

フロント用

品番:50261-RA8-000 ¥19,440(税込)

リア用

品番:50300-CL7-000 ¥19,440(税込)

 

 

オーナー様よりメールでインプレをいただきましたので、コピペで紹介します。

タイプワンでのリジカラ装着後、首都高速から東関東自動車道を抜けて帰ったのですが、

道路のつなぎ目のところで発生するショックが軽減したように 思います。

また、タイヤと路面の接地感が増すので、コーナーリング時にも車体が安定し、

よりスムーズに走行できるようになりました。

これまでは、カーブを曲がるときは、前輪で曲がってリアは後から付いてくる

感じがしていました。

 

フロントヘビーなFF(前輪駆動車)なのでアンダー気味なのは仕方がないと考えていた

のですが、リジカラ装着後は、4輪でしっかりコーナーを曲 がっている感覚があり、

フロントがすーっとコーナーに入っていくのを体感しました。

 

サーキットは走りませんが、車体が安定しコーナーリングスピードが上がるので、

ラップタイムも縮まるのではないかと思います。

 

リジカラは「クルマ本来のボディー剛性を得る」製品とのことですので、

ボディーに対するストレスも心配は要らないと考えています。

この度はありがとうございました。

 

 

ご依頼ありがとうございました。

 

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です