ステージア 4WD フロント・リアの検証

STAGEA-NM35_NO.1

今日は平成13年式のステージア 4WD(NM35)にフロント・リアの
リジカラ検証と取り付けを行いました。

 

 

 

フロントの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

STAGEA-NM35_NO.2

 

F-1締結部です。

STAGEA-NM35_NO.3

 

F-2締結部です。

STAGEA-NM35_NO.4

 

ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使い、
サブフレームの下側(青表記)に4個を装着します。

フロントのリジカラは8個を使用、作業は60分で終了しました。

 

 

 

リアの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

STAGEA-NM35_NO.5

 

R-1締結部です。

STAGEA-NM35_NO.6

 

R-2締結部です。

STAGEA-NM35_NO.7

 

ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使い、
サブフレームの下側(青表記)に4個を装着します。

リアのリジカラは8個を使用、作業は50分で終了、

4WDのステージアはV36スカイラインと共通互換がありました。

 

 

装着後にリジカラがボディに馴染んでから
アライメント調整をお勧めしています。

 

 

 

日産 ステージア(NM35)

フロント用

品番:50261-V36-000 ¥21,600(税込)

リア用

品番:50300-V36–000 ¥21,600(税込)

 

 

 

オーナー様よりインプレがメールで届きました、コピペで紹介いたします。

帰り道は下道だったのですが、まずボディが硬くなった感じを受けました。

サスペンションの動きが良くなり、本来の動きをしているようで路面の状態を
確実にフィードバックして来ます。

それでいて突き上げ感は有りませんので安心して運転出来るようになりました。

加減速時も安定し、しっかりと四輪が地面をとらえていてフワフワした感じも
無くなりました。

それにより、今までのサスペンションセッティングでは硬くなりセッティングの
変更が必要になります。

小さな部品なのですが、これほど変化が有るとは正直思って無かったです。

慣らしを終えたら一度アライメントを取り乗っていきたいと思います。

 

 

ご依頼いただき、ありがとうございました。

 

by 開発メカ

 

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です