エスティマ フロント・リアの取り付け

KUROSAWA-_NO.2

今日はエスティマ(ACR50W)にフロント・リアの取り付けです。

オーナー様はレーシングドライバーで活躍されている黒澤琢弥さん!

笑顔で来社頂きました。

 

 

 

前回は奥様が普段の足としてお使いの30プリウスに装着させていただきましたが、、、

KUROSAWA-_NO.1

リジカラの味を気に入っていただき、今回は納車されたばかり
のエスティマにご依頼をいただきました。

 

実は先日トムスの関谷さんもリジカラをお付けいただいているんですよ~。

 

 

 

さて、フロントの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

KUROSAWA-_NO.3

 

F-1締結部です。

KUROSAWA-_NO.4

 

F-2締結部です。

KUROSAWA-_NO.5

 

ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使い、

サブフレームの下側(青表記)に4個を装着します。

フロントのリジカラは8個を使用、作業は50分で終了しました。

 

 

 

リアの締結ポイントは黄矢印の2箇所です。

KUROSAWA-_NO.6

 

固定軸のボルト側、R-1締結部です。

KUROSAWA-_NO.7

 

リアのリジカラは2個を使用、車体の内側からリジカラを装着します、
作業は30分程度で終了しました。

 

 

 

トヨタ エスティマ(ACR50W)

フロント用

品番:50261-50W-000 ¥21,600(税込)

リア用

品番:50300-PU3-000 ¥6,048(税込)

 

2015年11月11日 更新

リアの品番を変更しました。

<新品番>

リア用

品番:50300-50W-000 ¥6,048(税込)

 

 

 

 

装着後のインプレッション、メールをコピペでお伝えします。

前回のプリウス同様、装着した後の「気持ち良さ」は歴然です。

前回のプリウスでは、4年・7万km走行している事もあり、大分振動も出だしてきており、
ダンパーは抜けてないまでも、ブッシュからくる「ヨレ」なのか・・・

新車の時の「カチッ」っとした感じが無くなり、ハンドリングに軽快感もなくなってきて
いましたが、リジカラ装着後は、動きにシッカリ感が戻り、更にハンドリングの軽快感は
剛性がより上がり、今までプリウスでは感じた事のないシャープな動きに変わっていました。

車の事が全く分からない女房ですら「車がカチッっとなった!」とも、動きの良さは、
サイズがピシッ!っとあったクツに履き替えた様な動きの違いで運転していて気持ちイイ!
と感想を話していました。

またワインディングの様なコーナーが連続する、しかも下りでフロントヘビーな道での
軽快なハンドリングは、運転がシンプルで楽になりますね。

いわゆる「余計に足したり、戻したり」しなくてよい車の動きは、
本当にレスポンスが心地よいです。

 

そしてエスティマですが、こちらはまだ納車されてから数週間で、100kmも
走っていません。

全くの新車なので、違いはプリウス程は出ないのでは??と思っていましたが、ここまで感じた
動きの差は同じく、更に路面の凹凸、特に「出っ張り」を越える時の足の収まりの量と早さは、
どちらも少なく、早くなり、また動いて欲しい足はシッカリ仕事し、動いて欲しく無い
フレーム&シャシーはより剛性が上がり、シートとステアリングに伝わる振動とギャップは、
完全に少なくなりましたね。

また重心もロールセンターも高い、この手の車の、左右にステアする時のだるさ、
と動きの時間差の様なタルミも、装着後はより軽快に、そして動きもシャープで、
ステアリングレスポンスの良さ、速さも、ノーマルとは歴然とレベルが違いますね。

自分は足回りも殆ど換える事はなく、ホイールとタイヤぐらいしか換えないタイプで、
ノーマルで乗るのが一番だと思うタイプですが、リジカラには大満足です。

値段といいコストパフォーマンスも、凄くレベルが高いと感じました。

 

 

インプレから上質な乗り味にご満足を頂けたこと、嬉しく思います。

重ねてのご依頼、誠にありがとうございました。

 

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です