ハスラー 4WD フロント・リアの検証

HUSTLER-4WD_NO.1

今日は4WDモデルのハスラー(MR31S)にフロント・リアの
リジカラ検証と取り付けを行いました。

オーナー様は秋田県からなんと
タイプワンまで自走して、ご来訪ありがとうございます。

 

 

 

フロントの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

HUSTLER-4WD_NO.2

 

F-1締結部です。

HUSTLER-4WD_NO.3

 

F-2締結部です。

HUSTLER-4WD_NO.4

 

ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、
サブフレームの下側(青表記)に4個を使用します。

フロントのリジカラは8個を使用し、作業は50分で終了しました。

 

 

 

リアの締結ポイントは黄矢印の2箇所です。

HUSTLER-4WD_NO.5

 

固定軸のボルト側、R-1締結部です。

HUSTLER-4WD_NO.6

 

リアのリジカラは2個を使用、リジカラは車体内側から装着します、
作業は30分で終了しました。

 

 

ハスラーは2WD、4WDモデルとも共通互換性が確認ができました。

 

 

スズキ ハスラー(全モデル)

フロント用

品番:50261-H21-000 ¥15,120(税込)

 

リア用

品番:50300-H22-000 ¥6,048(税込)

 

 

 

秋田にお戻りになったオーナー様より装着後のインプレが届きました、
メールをコピペで紹介させて頂きます。

東京から秋田へ、約600Kmの道のりを戻りました。天候は雨から晴れの
不安定な天気、時折風が強く吹く、さまざまな条件です。

ハスラー4WD Xターボはノーマルでもすでに完成しているパッケージです。
車両完成度は、特に高いグレードと考えます。

ノーマル状態で、6000Kmを走行した後に、リジカラを付けて一般道から高速
までを試しました。走り出しから以前と違いが分かりました。

ナチュラルな感じで、違和感が無くなりました。ハンドルを切った時、段差を越えた時
「素直なハンドリング」が正しい表現だと思います。

装着以前、ハスラーの唯一の短所は、運転が楽しくないと思うところにあります。
リジカラを付けると、体感は大きく変わり、運転がらくに楽しくなります。
特に感じたのは、リアのリジカラ効果と思われます。

大手自動車メーカーがスポーツ車で、リジカラパーツ真似するほどの物です。

高速道路で車線変更した時や、大型トラックの脇を抜ける時などハンドルに集中
することなく、安心して運転を楽しめます。

ハスラーの場合は、車両フロントとリアを、合わせて取付をお薦めします。

ハスラーは、様々なアフターパーツが発売していますが、リジカラ以上の効果を
得るならば、高価な費用と多くのパーツを必要と感じます。

ぬかるみや雪道などで、車高をキープしたいが、乗り心地を良くしたい方にもお勧めです。

 

 

遠方からのご依頼、ありがとうございました。

 

by 開発メカ

 

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です