レンジローバー イヴォーグ フロント・リアの検証

RANGEROVER-EVOQUE_NO.1

今日はレンジローバー イヴォーグ(LV2A)にフロント・リアの
リジカラ検証と取り付けです。

 

 

 

フロントの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

RANGEROVER-EVOQUE_NO.2

 

F-1締結部です。

RANGEROVER-EVOQUE_NO.3

 

F-2締結部です。

RANGEROVER-EVOQUE_NO.4

 

ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使い、
ブラケットの下側(青表記)4個を装着します。

フロントのリジカラは8個を使用、作業は60分で終了しました。

 

 

 

リアの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

RANGEROVER-EVOQUE_NO.5

 

R-1締結部です。

RANGEROVER-EVOQUE_NO.6

 

R-2締結部です。

RANGEROVER-EVOQUE_NO.7

 

ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使い、
ブラケットの下側(青表記)に4個を装着します。

リアのリジカラは8個を使用、作業は50分で終了しました。

 

 

 

レンジローバー イヴォーグのリジカラはフロント・リア共に
新規でラインナップいたします。

 

 

RANGE ROVER EVOQUE(LV2A)

フロント用

品番:50261-LV2-000 ¥21,600(税込)

 

リア用

品番:50300-LV2-000 ¥21,600(税込)

 

 

 

オーナー様よりインプレメールが届きました、コピペで紹介します。

装着直後に高速を使って山間部まで行って来た際の印象をメール致します。​

①市街地

ブレーキング時のノーズダイブが明確に減少して安定感が増し、段差を乗り越えた
際のショックも角が少し丸く、乗り味がちょっと穏やかになったと思います。

一方、やはりタイヤノイズは確実に増えたと思います。反面、舗装の平滑さや
粗さが手のひらにより感じられるようになった気がします。

②高速道路

直進性が抜群に向上しました。舵を微修正する度合いが明らかに減り、安楽に
距離を伸ばせる車に変身しました。次の遠出が楽しみです。

③山道
②とは相反するとも思うのですが、舵を切ってから車が曲がりだすまでの時間が
短くなりました。

以前は「ハンドル切ると半拍貯めてからカクっと曲がっていく」だったのが、
「切ると間髪入れず切った分だけ素直に曲がり始める」ようになり、大変気持ちの
良い反応になりました。

④峠道

コーナーを飛ばした時、スキール音が出る速度が確実に上がりました。残念ながら?
以前はキーキー鳴ってしまった峠道なのに殆ど鳴らせないのです。
接地性の向上が影響するのでしょうか。。。

 

全般的な印象として、クルマがメーカーの技術者の方々が目指した「本来の姿」に
近づいたのだと思います。リジカラ凄いですね。大変ありがとうございました。

 

 

ご依頼ありがとうございました。

 

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です