プジョー208 フロント・リアの検証

PEUGEOT208-A9C_NO.1

今日は現行モデルのプジョー208(A9C)にフロント・リアの
リジカラ検証と取り付けさせて頂きました。

208のオーナー様も愛知県よりお越しいただいていて、同じ地域から
同日検証で偶然重なる、不思議ですね、
遥々ありがとうございます!

 

 

 

フロントの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

PEUGEOT208-A9C_NO.2

 

F-1締結部です。

PEUGEOT208-A9C_NO.3

 

F-2締結部です。

PEUGEOT208-A9C_NO.4

 

ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、
サブフレームの下側(青表記)に4個を使用します。

フロントのリジカラは8個を使用、作業は60分で終了しました。

 

 

 

リアの締結ポイントは黄矢印の6箇所です。

PEUGEOT208-A9C_NO.5

 

固定軸のマウントブラケット、R-1締結部です。

PEUGEOT208-A9C_NO.6

 

R-2締結部です。

PEUGEOT208-A9C_NO.7

 

ボディとブラケットの間(赤表記)に6個を使用します、
作業は50分で終了しました。

 

 

プジョー208はフロントが207用のリジカラと互換性があります、
リアは208用に新規で設定しました。

 

 

PEUGEOT 208(A9C)

フロント用

品番:50261-207-000 ¥21,000(税込)

<2016.2.18 品番変更しました>

50261-207-000 → 50261-A6N-000 ¥21,600(税込)

 

リア用

品番:50300-208-000 ¥21,000(税込)

 

 

 

オーナー様からインプレをいただきました、コピペで紹介します。

[感想]

・全体的に安定性が増し、足回りの動きの収まりが速くなった感じがします。

・路面から感じる情報が正確に伝わるようになった感じがします。

・装着前より旋回時のリアの動きが安定した感じがします。

腰痛持ちの友人を助手席に乗せたところ、以前より足回りが硬くなった。
路面の情報が正確に入るようになった分腰への負担が大きくなったという
意見もありました。

 

 

遠方よりお越しいただき、ありがとうございました!

 

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です