マセラティ 3200GT フロント・リアの検証

MASERATI-3200GT_NO.1

今日はマセラティ 3200GT(338)に
フロント・リアの検証と取り付けを行いました。

オーナー様曰く、2002年型はこれが最後の純マセモデル、この後F社に買収され
量産エンジンを使わされる運命に、、、

まるでオペラのストーリーの様なお話ですね。

 

 

フロントの締結ポイントは黄矢印8箇所です。

MASERATI-3200GT_NO.2

 

F-1締結部です。

MASERATI-3200GT_NO.3

 

F-2締結部です。

MASERATI-3200GT_NO.4

 

ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用します。

 

 

F-3は横から作業します、場所はアッパーアームと一体型のブラケット部分(黄丸印)です。

MASERATI-3200GT_NO.5-2

 

このブラケットとボディの間にはキャンバー角を調整するための「シム」が入っているんですね。

MASERATI-3200GT_NO.6

 

リジカラはこの「シム」を活かし、ボルト側(F-3:青表記)からセンタリングを
行うように取り付けました。

MASERATI-3200GT_NO.7

MASERATI-3200GT_NO.8

 

サブフレームブラケットの外側(青表記)に4個を使用します。

フロントのリジカラは8個を使用し、作業は80分で終了しました。

 

 

 

リアの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

MASERATI-3200GT_NO.9

 

R-1締結部です。

MASERATI-3200GT_NO.10

 

R-2締結部です。

MASERATI-3200GT_NO.11

 

ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、
サブフレームの下側(青表記)に4個を使用します。

リアのリジカラは8個を使用し、作業は60分で終了しました。

 

 

MASERATI 3200GT(338)

フロント用

品番:50261-338-000 ¥21,000(税込)

リア用

品番:50300-338-000 ¥21,000(税込)

 

 

 

オーナー様からのインプレをお待ちしています(1月20日現在)

 

 

作業のご依頼、誠にありがとうございました!

by 開発メカ

 

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です