ベンツ V350 フロント・リアの検証

BENZ-VCLASS-W639_NO.1

今日はリジカラシリーズで初のベンツ Vクラス V350(W639)にフロント・リアの
リジカラ検証と取り付けです。

 

 

フロントの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

BENZ-VCLASS-W639_NO.2

 

F-1締結部です。

BENZ-VCLASS-W639_NO.3

 

F-2締結部です。

BENZ-VCLASS-W639_NO.4

 

ボディとサブフレームの間(赤表記)に4個を使用、
サブフレームの下側(青表記)に4個を使用します。

フロントのリジカラは8個を使用、作業は60分で終了しました。

 

 

 

リアの締結ポイントは黄矢印の4箇所です。

BENZ-VCLASS-W639_NO.5

 

ロアーアームの外側、R-1です。

BENZ-VCLASS-W639_NO.6

 

ロアーアームの内側、R-2です。

BENZ-VCLASS-W639_NO.7

 

ロアーアームの内側と外側(青矢印)に4個を使用します、

作業は50分で終了しました。

 

 

 

フロント・リア共に新規ラインナップとなりました。

 

MERCEDES BENZ Vclass(W639)

フロント用

品番:50261-639-000 ¥21,000(税込)

リア用

品番:50300-639-000 ¥21,000(税込)

 

 

オーナー様からインプレをいただきました、コピペで紹介します。

帰路走っただけで十分感触が判りましたので早速ご報告させて頂きます。       

従来不満だった足回りのバタつき、少々の段差や継ぎ目でもドタン、バタンと
まるでリーフスプリングのバスのような音と揺れ、身のこなしで閉口して
おりましたが、突き上げた際の音がトンで終わり、揺れの収束も早くなりました。

乗り心地がフラットになったこと、直進性が増し、ステアリングが極めてスムーズに
追従するようになりました。

バスからミニバン相当になったインパクトです。

 

あえて欠点を探すとしたら、路面状況が判りやすく音と微振動が若干大きくなった感があります。
フラットな走りとスムーズなハンドリングを得た代償としては小さな問題です。

十分に満足しました。

 

 

ご依頼ありがとうございました!

 

by 開発メカ

  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です